TM鹿島戦を終えて高木琢也監督「結果は良くないが統一感は作れた」

鹿島アントラーズ戦で4失点で敗北したアルディージャ。試合を終えて高木琢也監督がコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

高木琢也新監督は「結果だけ見れば良くないが」と前置きした上で「後ろの選手のボール奪取部分など、完璧ではないが統一感はつくれた」と振り返り「ネガティブではなく、このチームにとってポジティブなゲームだった」と言った。

– 日刊スポーツ –

チャレンジしている動きは随所に見られたってところですかねー。相手も鹿島ですから、選手も監督も分からなかった大宮3バックの弱点を突かれて、最高の相手だったのではないでしょうか。

 

甲府戦、松本戦までに少しずつ改善させて本番で爆発させてほしいですね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
今は負けても問題なし!
         

1 個のコメント

  • リーグ戦にならないとわからない感じだね。正直2,3年先で考えて応援してる。生きているうちにタイトル取っ手欲しい。