FW:富山貴光がチームでまだまだ改善できる部分について語る。

前節・水戸戦でとんでもないスーパーゴールを叩き込んだFW:富山貴光。連勝を続けていくために改善できる部分について OmiyaVision で語ってくれました。

以下、抜粋して引用。

内容

――主な改善できる部分とは?
「押し込まれたときにもう少し背後にランニングしたり、押し込むという作業をしていけたらいいのかなと。耐えるところから相手を裏返していかないとキツいと思います。やらないといけない部分ですし、惜しまずやっていきたいと思います」

(中略)

――より確実に勝利に近付けるようにしていきたい?
「もう少しボールを保持しながら、時間を作りながら、その時間を有効に使いながら攻撃ができるんじゃないかと思います。その辺はうまく使い分けながら、遅攻と速攻を出していけたらなと思っています」

– OmiyaVision:無料記事 –

横浜戦の後半や水戸戦の1点取られたあとの時間帯のことですね〜。どちらも耐えることはできましたが失点しても不思議はなかった。強いチームは押し込まれる時間に押し返すパターンを持っている。大宮は京都戦で見せるができるか?

 

その他、富山自身も結果(ゴール)も欲している様子。彼がゴールを決めれるよう、チーム全体で攻撃を仕掛けたいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
2戦連発ゴール頼むぞ!
         

1 個のコメント

  • まず、シュートは枠内に飛ばしてくれ。
    スーパーゴールなんて偶然はつづかないよ。
    味方の作った決定機は確実に決めてくれ!
    じゃないと、パスは来なくなるぞ。
    最大の貢献はゴールと知るべき。