水戸GK:長谷川凌「練習ではまず来ないようなシュートが来た」

後半5分に飛び出したFW:富山貴光のスーパーゴール。対戦相手・水戸ホーリーホックGK:長谷川凌選手がシュートについてコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

1失点目のシュートは練習ではまず来ないようなシュートが来ました。最初、真ん中に飛んでくるのかなと思ったのですが、かなりぶれて右側に逸れました。それでも止めないといけないのがGK。相手は笠原(昂史)さんがGKで、チャンスのところを防がれていたのは印象に残りました。この経験を絶対にモノにしないといけない。

– Jリーグ –

動画

 

あらためて見てもすげーなコリャ。

横浜FC戦の茨田の1本目とはまた違うスーパーなゴールですねぇ。

 

2年間過ごした鳥栖ではフリーキッカーを務めたこともある富山。今後対戦する相手はミドルシュートも警戒することになるでしょう。富山もこれで仕事がやりやすくなるかも…。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
京都戦もゴール頼むぞ!
         

3 件のコメント

  • 相手を崩すには遠目からでも積極的に狙ってほしい!前節の茨田もそうだけど、引いた相手を崩しのにミドルは有効。シュートを撃てば何か起こるかもしれない。でも撃たなきゃ何も起こらない。

  • ブレ球は偶然の産物でしょう。
    でも、思い切って撃ったからこそ起こったこと。
    ゴール前でチマチマ回してるうちに奪われるより、よっぽどいい。
    これからも、練習で枠内シュートを磨くとともに、バイタルでは常にシュートを意識してほしいね。