MF:茨田陽生「シュート練習は、スタメンの時よりも多く練習していた」

横浜FC戦で相手にとどめを刺す3点目と4点目を決めたMF:茨田陽生。天皇杯含めて1週間で3ゴールを挙げた秘訣をコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

J2第7節でのスタメンを最後にベンチスタートが続いている茨田は、「シュート練習は、スタメンの時よりも多く練習していた」と話し、以下のように続けた。「FWの選手と一緒に、ボールを当てて落としてもらってからシュートを打ったり、シンプルに返してもらってコントロールしてからシュートを打ったり。いろいろなシュートの形を練習したかいがあった」(中略)「結果を出してアピールをして、チームの力になりたいという強い気持ちを持っていました。その気持ちが常に自分のプレーを前向きにさせた」と話す茨田。再びスタメンの座をつかみ取れるだろうか。

– Goal.com –

練習していたんですね〜。実際、試合前の練習でもシモヴィッチは別格として、明らかに慎太郎や富山より上手いです。

 

本人はボランチをやりたがってるが、石井サッカーで中盤のスタメンは任せられない。すいません右SHでお願いします…。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
石井サッカーに適任のボランチが2人しかいねえ…。

6 件のコメント

  • 数年まえにNACKで大宮と柏の試合を見たときに茨田がボランチでききまくってたのを覚えています。こんなボランチ大宮にいたらいいなと思いました。ボランチ起用でもっと攻撃に専念できる環境をつくるべきなのでは。

  • 茨がボランチで生きないというよりは、今ダブルボランチのファーストチョイスが三門大山になっただけの話だからね。茨もかつてはアンダー代表に入った逸材だし、能力はあるんですよ。大山だって守備がウィークポイントだって自覚してやってるわけだし、茨も負けじと頑張って欲しい。
    インサイドハーフ起用で茨田三門大山が共存できるなら、それもアルディージャの新しいオプションになるしいいと思うけどね。

  • サブだって、あいつが出てきたらヤバいと思われる選手になれたらいいじゃない!
    そうやって日ごろから真剣に努力していれば
    結果は自ずからついてくるもの。
    腐ってサボったらおしまいだよ。
    茨田、ありがとね。

  • ホント、練習はウソをつかないね。
    もともと上手いんだし、ゴールへの意識を高められただけなんだろうけど。
    それを促すのが、有能な指導者でしょ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。