DF:河本裕之「形がある程度イメージしながら全体で共有できてきた」

koumo

DF:河本裕之が練習後のコメントでチームの攻撃と守備の状況を話してくれていました。

以下、抜粋して引用。

内容

――内容的に向上してきたという手ごたえは?
「ある程度、考えはまとまってきていると思いますし、そういう面では良くなってきていると思います。攻撃のサポートだったり、形というのはある程度お互いにイメージしながらできるようになってきています。守備も前からどうハメていくのか、全体で共有できているかなと。行くタイミングが良くなっているので、しっかり相手にプレッシャーが掛かっていることも多い。後ろも連動していきやすくなっています」

――チーム内での話し合いは活発になってきた?
「スタッフも選手もいろいろ意見を言いながらやれている。攻撃のポジション取りを含めて、修正できてきていると思います」

――攻撃時に縦パスの付けどころは多くなってきた?
「しっかりみんな顔を出してくれますし、あとは自分の考えや精度でどうにかなるかなと。コースは作ってくれているので、自分の能力次第。感覚を戻していく感じですね」

– OmiyaVision:無料記事 –

守備は前の選手もタイミングがようやく合ってきた。やっぱりマテウスがダメだったんかな…。

攻撃も連敗時のように突っ立ったままというのが改善されてきたようです。

 

手ごたえを確かなものとするためにもヴェルディ戦はなんとしても勝利したいものですね!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
次も頼むぞ!
koumo
         

3 件のコメント

  • とにかく頼れるコウモが帰ってきたのはでかい!!
    怪我もそうだけど、去年来の耳の病もあってサポも心配してたから_。
    勝利の瞬間、戻って来たって本人も実感したと思うし、本当に良い笑顔でホッとした。

  • 選手やスタッフでしっかり話し合いができているという河本選手の言葉は好印象ですね。
    なんでここまで時間がかかったのか?という苦言は一旦おいておくとして(これは約束事の強い強制がコーチからなかったこと、あるいはリーダー不在のいずれかが原因だったと私は思いますが)、攻撃のバリエーション増加など、更に連携の質を高めることで結果を出し続けていって欲しいですね。