ベルデニック体制時の通訳:濱吉正則氏、SVホルンの監督就任!

hamasan

2013年の21戦無敗を記録したベルデニック体制時に通訳として大宮アルディージャに所属していた濱吉正則氏。なんと日本代表MF:本田圭佑選手が実質のオーナーであることで有名なオーストリア3部:SVホルンの監督に就任することが決まったとのこと! 以下、抜粋して引用。

内容

日本代表FW本田圭佑(ミラン)のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社は11日、同社が経営権を持つSVホルン(オーストリア3部)の新監督に濱吉正則氏が就任したと発表した。

– サッカーキング –

すげぇ〜!

濱吉氏は2013年に大宮との契約を終えた後、自身が代表を務めるサッカースクール兼、静岡北高校の体育教師へと転身していましたが、欧州での経験や言語能力を買われて3部とはいえ、一気にプロサッカークラブの監督に就任することが決まった模様。

大宮時代のパイプで良い選手とか引っ張れたり…ベルデニックとあんな別れ方したし厳しいか。(^^;

hamasan
         

4 件のコメント

  • 「とにかく明るい安村」かと思いました(笑)。
    「安心してください。(大宮と)繋がってますよ」と言ってほしい。

  • 2013年シーズン序盤、無敗記録を続けるチームにおいてベルデニック監督の複雑な練習内容と選手への指示を通訳し、事実上練習を仕切っていたのが濱吉通訳でした。ある日、練習終盤で激怒する監督は濱吉通訳の制止を振り切りクラブハウスに引き上げて行きました。その後、鹿島、C大阪に連敗し解任になりました。ベルデニックの戦術とそれに必要な練習内容を一番理解していたのは彼かもしません。素晴らしいチームを作ることでしょう。