青木拓矢選手ブーイング大歓迎。興梠慎三選手は増田誓志が苦手?他レッズ選手発言まとめ。

vs-urawa

今週末はさいたまダービー。というわけで本日までに上がってきた対戦相手の浦和レッズの選手たちの発言を以下にまとめました。

 

まずは前節:甲府戦を疲労で休んだ浦和の生え抜きMF:宇賀神友弥選手。

今節の大宮戦については「FC東京戦を見たけど、ブロックを作ってカウンター1本という感じだった。そういう相手を崩すには前線で流動的な動きが必要だと思ったし、自分はみんなより元気なので、そういうところで貢献したい」と意気込んだ。

【全文を読む方は→ Blogola 】

浦和はスタメンがほぼ固定されているため、レギュラー選手が連戦で疲労困憊。YNCのときとは違うドン引きカウンターに変わった大宮を崩すには、動かないと崩せないと認識しているようです。

 

続いて浦和2年目FW:興梠慎三選手が鹿島時代の同僚、増田について。

興梠にとって増田は鵬翔高時代から鹿島まで長らくチームメートだった一学年上の偉大な先輩。そんな増田について興梠は「キープ力もあるし、運動量も多い。本当に素晴らしい選手だし、サッカーに対する思いも強い」と大絶賛。そして「自分の成長した姿を見せたい」と意気込んだ。一方、偉大さが分かっているゆえに、「ポジション的にはマッチアップする可能性が高いけど、なるべくマッチアップしたくない」と苦笑した。

【全文を読む方は→ Blogola 】

ほほう…興梠選手は増田が苦手なんですね。

記事では更に疲労で動けていないことを自覚しているコメントも掲載。

 

(追記)続いて甲府戦を終えて槙野智章選手のコメント。

(次戦は連戦の最後でダービーだが?) 「向こうもこっちも連戦の締めくくりです。体力的に厳しいですが、気持ちのぶつかり合いです。1年間の中でも、ただの1試合だと思っていません。サポーター同士も熱くなると思いますから、僕たちがその熱を冷まさないようにピッチの上で熱く戦いたいです」

【全文を読む方は→ 浦和レッズ 】

ここでも疲労についてコメント。槙野選手は3試合休んだのちの復帰戦が甲府戦でした。試合に出て周りの選手が相当疲れていることを肌で感じているんですねー。 

 

最後に元・大宮の青木拓矢選手のコメント。

今回はNACK5スタジアムと、昨季までのホームでのデビュー戦となる。当然、大ブーイングが予想されるが「ブーイングは気持ちいいんでデカければデカいほどいい。ないとさみしい」と歓迎した。

【全文を読む方は→ 日刊スポーツ 】

ロクに試合に出れていないうえ、週末もベンチ濃厚でこんなコメント。

ブーイングしてもらわないと自分の存在意義がないもんね…。かわいそう。

これは静かにしてあげるのが一番いいですね…。 (つД`)

vs-urawa