ニールは所属先を見つけられず、イングランド2部:ブラックバーンの練習参加へ。

premier-league--blackburn-rovers-player-lucas-neill-
premier-league--blackburn-rovers-player-lucas-neill-

公式発表こそされていないものの、契約満了がほぼ確実とされるルーカス・ニール。
残念ながら母国:オーストラリアのAリーグで所属先を見つけることができず、イングランド2部:ブラックバーンFCの練習に参加するべく渡英したとのこと。

以下、抜粋し訳して引用。

内容

ルーカス・ニールは、元所属クラブ:ブラックバーン・ローヴァーズの練習に参加

・サッカルーズ主将はワールドカップのポジションを確保するために所属先を探す。

 

サッカルーズのキャプテン、ルーカス・ニールは新しいクラブを見つけるため必死である。彼は元所属チーム:ブラックバーン・ローヴァーズの練習参加するために渡英しました。

 

…(中略)…

 

オーストラリア代表監督ポステコグルーはニールに対し3月までに所属クラブを見つけなければ、ワールドカップのメンバーから外される可能性があることを話している。ニールは、ニールのブラックバーンへの練習参加はトレーニング目的であり、元クラブへの復帰を求めての行動ではない。

 

代理人のパディ・ドミンゲスのコメントは得られていないが、ニールのこの動きはオーストラリア:Aリーグの各クラブが来シーズン彼との契約をしないと意思表示していることを示します。

 

35歳の彼は、昨季所属したJリーグのクラブ:大宮アルディージャとの半年間の契約を満了、先月家庭の事情を理由にシーズン中に帰国した。

– theguardian –

かつてニールはブラックバーン・ローヴァーズFCに5年半所属しており、そのツテを頼って渡英したようですね。そのブラックバーンは2011シーズンに降格し現在もイギリス2部に属しています。昨シーズンは17位で2部残留を果たしています。

 

Aリーグですら契約できない選手をイングランドのクラブが契約してくれるのか?
なんかニール能力より代理人に問題がある気が…。(;^ω^)

premier-league--blackburn-rovers-player-lucas-neill-