来季加入内定の高瀬優孝が中央大学で記者会見し抱負を語る。

takase

来季加入内定の高瀬優孝(中央大学)が他の3選手と共に記者会見し、抱負を語っていましたので抜粋して引用。

内容

高瀬は抜群のスピードと攻撃力が持ち味のSB。主戦場は左サイドだ。先輩の今井が右SBを務めるのに対し、高瀬は左SB。「僕は左サイドがメイン。メロ(今井)くんとポジション争いすることは多分ないと思うが、尊敬しているので、一緒に出られたら嬉しい」と話す。1年目にして主力に定着した先輩の後を追うつもりだ。

 

…(中略)…

 

 プロ入り1年目での目標については「1年目から、どんどん絡んでいきたい。ケガが多いのでしっかりとオフ期間に戦える身体をつくって、バリバリレギュラー争いをしていきたい」と力を込めた。今季を14位で終えた大宮は、小倉勉監督が退任し、来季からは新たに大熊清氏が監督に就任する。指揮官が代わるが高瀬に不安はない。「逆に監督が代わった分、フラットな状態から選手を見てくれるので。自分にとってはやりやすいかなと。ありがたいと思います」と前向きに捉えている。

 

【全文を読む方は→ ゲキサカ 】

中央大学では主に左SBとしてプレーしていた高瀬選手。

今季の今井のように1年目からレギュラーとして大いに活躍して欲しいですな〜。

そして当面のライバルとなるであろう匠と大輔の来季の去就は如何に…。

takase