青木拓矢が今季を振り返って語る、移籍については語らず。

aotaku

拓矢が昨日の練習後に今季を振り返るコメントをしたので抜粋して引用。

内容

…(中略)…

 

本人は故障をプラスにとらえるようにし、客観的にチームを見ることで発見も多かったと話す。「昔の映像などもゆっくり見られた」と収穫もあった。 来季は再びACLを狙う。「絶対出たい。できれば優勝もしたい」と士気は高い。今季は首位に立ったものの、最後は14位。勝つために「グラウンドに立っている選手の力もチーム全体の力も必要。そこが足りなかったと思う」と分析。「人のために戦ったときは強かった」と振り返った。

 

 ここまでの活躍が評価され、移籍話も飛び交う。浦和や柏など複数のクラブが獲得に乗り出しているとみられるが、「何も分からない」と口を閉ざす。

 

【全文を読む方は→ 埼玉新聞:紙面 】

むー、歯切れが悪い。ちょっと心配…。

早く監督とGM!説得してくれ〜!

aotaku