大宮は来季、ノヴァコヴィッチに代わる新規外国人選手を獲得できない可能性がある?

kakutoku-dame

※今回の記事はあくまでも個人の予想です。

 

kakutoku-dame

今年の 12/31 でノヴァとのレンタル契約は終了、彼は所属元のケルンに戻ります。昨年と違いケルンとの契約が 2014/6/30 で終了するため、さすがに来季の再々レンタルは不可能。となれば彼に代わる選手の獲得をしなければなりません。

 

今季の外国人枠3とアジア人枠1はノヴァ、ズラタン、ニール(ア)、ヨンチョル(ア)の外2+ア2で使い切っていますが、レンタルでカルリーニョスとグノ(ア)を出しているため、実際は外3+ア3で枠をオーバーしている状態です。

 

この6人の外国人選手の契約年数はだいたい予想できます。

選手

契約満了日

予想根拠
ノヴァ 2013/12/31

transfermarkt に記載

ズラタン 2014/12/31 

transfermarkt に記載

ニール 2013/12/31 

契約時に豪州メディアに「半年契約」と記載。

ヨンチョル 2014/12/31? 

1億円で獲得した選手を2年契約というのはありえない。W杯のことを考えて、来年末までの3年契約のハズ。

カルリーニョス 2014/12/31?

放出対象選手。契約が今年で終了なら大宮に戻す報道が出るわけない。

グノ 2015/6/30?

韓国人は新卒で韓国以外でプロになったら5年間は韓国でプレーできない。新卒最長の3年契約ぐらい提示しないとリスクが高すぎる。

 

ここで問題になるのが現在20歳のグノ。日本サッカー協会の規約に、外国人枠の対象外は「プロC契約でかつ、当該登録年度の2月1日における年齢が20歳未満の選手」と書いてあるため、昨年は対象外でしたが今年は外国人枠の対象。カリンとグノが戻ってきた場合はズラタン、カルリーニョス、ヨンチョル(A)、グノ(A)で3+1の枠が埋まってしまいます。

 

枠を空けるためには選手を放出すればいいのですが、ズラタンとヨンチョルは戦力なので絶対に出せない。となると対象はカリンかグノですが、カリンは年俸が約8千万円と高いのでどのクラブも敬遠気味。グノは今季、北九州で今季リーグ戦出場たったの53分。J2下位で出ることすらできないレベルの選手ということが判明。外国人枠を使ってまで獲得したいクラブがあるとは到底思えません。(JFL以下ならあるかもしれないが、グノが拒否する可能性もある)

 

最終手段?でカリンの給料を大宮持ちでレンタル…となると今度は人件費の問題が出てくるんですよね~。ただでさえ今季で契約が一旦終わる主力選手(北野・大剛など)が沢山いる上、今季は移籍金が無いので来季の人件費は減るらしいし…。

 

果たして来季ノヴァに代わるような新外国人は獲得できるのでしょうか。

kakutoku-dame