宮崎キャンプは戦術落し込みメイン、カウエと河本裕之は別メニュー調整中…

ラジオ:NHKさいたまで昨日放送された「週刊☆サッカー王国」。そのなかで大宮担当のコメンテーターである土地将靖さんが、宮崎キャンプ中のチーム状態について語ってくれました。

以下、書き起こして引用。

内容

チームの状況

離脱する選手がいてもおかしくない時期なんですけど、大きなけが人もなく順調にきています。ただ河本選手とカウエ選手は別メニューでの調整が続いているんですけど、それ以外の選手は順調にこなしています。

– 週刊☆サッカー王国 –

ムムム、沖縄での練習試合に出なかった2人(河本とカウエ)はやっぱりダメ…。

開幕CBは誰が先発するのかな。

 

現在のチーム状況

明るく楽しくやれている中でも球際は激しくいっているという声も聞かれているので、手応えというものは感じているんではないかと。話を聞きながらそんな印象を受けました。(中略)まず今の時期は行かせる。外されるのが怖いというところはあるかもしれないが、まずはじめに行く。というところの意識付け。「行く行かないという判断はそのあと」と石井監督はおっしゃっていました。

沖縄キャンプと同じ。

とりあえず前からガンガン行く。すべてはそれから。

 

横浜FCとの練習試合について

今年は練習試合が少ない、宮崎キャンプでもこの1試合だけなので、選手に聞いたところ、他のチームとの比較ができないところでは不安ではあるんですけど、そのなかでも選出の落し込み、相手ありきではない戦術の落し込みに手応えを感じているようです。

手応えは感じているようですが、今までの相手はプロではないアマチュア、しかもJ3以下のカテゴリばかりです。

昨季J2:10位の横浜FCとの練習試合、どんな結果がでるのでしょうか。

 

管理人のひとこと

所沢栗鼠
不安もあるが、どんな結果がでるのか?
         

2 件のコメント