石井正忠新監督登録完了!「3試合のために一ヶ月を過ごして欲しい」

今週就任した石井正忠新監督。まずは選手たちに生活改善を促しました。

以下、抜粋して引用。

内容

 大宮の石井新監督が生活改善令を出した。ミーティングで「3試合のために1カ月を過ごしてほしい」と話し、具体策として「練習はハードにやるので、練習後は外出もいいが、翌日に備えて体を休めてほしい。疲れを取るために風呂に炭酸を入れるのもいい」と説明したという。

– スポニチ –

3試合のためにすべてを懸けろ!

 

なんというか…こんな当たり前のことも言わなきゃいけないのね。

 

そして伊藤前監督の抹消と追加登録が無事に完了。

【追加】

大宮アルディージャ
石井 正忠 Masatada ISHII
1 監督 2 1967/02/01

【抹消】

大宮アルディージャ
伊藤 彰 Akira ITO
1 監督 2 1972/09/19

– Jリーグ –

伊藤さんお疲れ様でした…。本当にありがとうございました。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
再スタート。
         

9 件のコメント

  • 当たり前のことを言ってこそ伝わると思います。
    なにも言わないと、どうにでも捉えることができるので。
    監督交代後のコメントを聞いたり読んだりしましたが、良い監督だと思います。

  • こういうのは超当たり前だけど、そういうことを言ってくれる人が必要!
    ハードな練習してくれるのも、雰囲気を締められて良い!
    期待ですなぁ

  • 兎に角情けない、得失点差がプロじゃ無い。
    もう、近鉄バファローズのユニフォームで応援せなアカンわ。

    あの伝説の「いてまえ打線」のユニフォーム見たら、選手は気合い入るやろ。
    一試合で10点ぐらい、取ってくれるやろ。

    今こそ、いてまえ打線にならなアカン。

  • プロのスポーツ選手がフシダラな生活してる大宮アルディージャの選手情けない。これでは17位当たり前。一般人だってコンディションつくってるのになにもしてない。
    緩い体質。早くも鹿島イズム出したね。
    練習時間も長くハードワークになる

  • サポーターに練習の量と質を指摘されてるくらいだからね。
    それでも、勝ってるなら文句はないけど。
    今までの意識の低さに、唖然。

  • 先週の後半、終電で表参道から帰るカウエを高崎線で見ました。
    仲間二人と楽しそうにおしゃべりしてて、明るくていい人感あふれてたけど、そりゃ選手がこんなじゃ石井監督が怒るのもむりはない?

  • 伊藤前監督も
    「ユースでも簡単にできるんだよ! 君たちはプロフェッショナルだよね! お金もらってやってるんだよね!」
    「君たちは勝たなくちゃいけないんだよね。だったら練習からランニングの質、クオリティーを上げていかないといけない」
    こんなこと言ってたけどすぐに何も言わなくなった
     
    大宮のクラブ体質はすぐには変えられない
     

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。