FW:大前元紀「孤立している江坂任の近くでプレーする」

4231のトップ下として週末のガンバ大阪戦に先発出場が濃厚とされるFW:大前元紀。新たなトップ下というポジションについてコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

――[4-2-3-1]のトップ下への感触は?
「今までやってきた[4-1-4-1]じゃない形で、[4-1-4-1]ではアンカーのカウエが自由に動きたがって空けるシーンがあったと思うんですけど、ダブルボランチにすることで(大山)啓輔がうまくバランスを取ってカウエを自由にできている。前にも俺と(江坂)任で人数が多くなっていると思うし、そこは良いところかなと思います。いまはどういう状況で、何をしなきゃいけないかという中で、やっぱり点を取らなきゃいけないというのが一番だと思うし、だからこそ前に人数を掛けないといけない。攻撃により厚みを持たせないといけないと思うので、2トップではないですけど、前に人数を掛けているのは良いと思います」

――2トップ気味というよりも、中盤のトライアングルを逆にするイメージになる?
「そのイメージで、任の近くですね。ここ最近、任の近くでプレーできている選手がなかなかいなかったと思うし、孤立している部分はあった。任に入ったときにしっかり近くでプレーできるようにやっていけたらいいんじゃないかなと思います」

– OmiyaVision:無料記事 –

もし先発となれば神戸戦以来7試合ぶりとなる大前。ベンチスタートが多かったですが冷静にチームを分析していたようですね。鹿島戦後半のようなプレーができればガンバ相手に勝点を取ることも夢ではないしょう。

 

問題はスタミナですが、スタメンで出る以上ベンチには岩上、横谷、黒川らが控えている。死ぬ気で走りきってほしいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
流れを変えてくれ!頼むぞ!!
         

4 件のコメント

  • 残り9試合全部大前先発でつかってくれ、後半15分まででもいいから、年俸1番高いのベンチって納得いかん、
    監督さん大前みたいな上手い選手好きそうだけどね。スタミナなのかな、監督も現役の時持久力あったもんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。