MF:江坂任が昨季の躍進時と今季の苦境との違いを語る

esaka

昨季大暴れしたMF:江坂任。今季未だ無得点の彼が現在の苦境=昨季との違いを語ってくれました。

以下、抜粋して引用。

内容

――昨季はまさに「躍進」と呼べる成績を残しましたが、今季は何が違う?
 
 ちょっとバラバラなところがあるかな。昨季はJ2から上がってきた復帰1年目で、「守備から」と全員でまとまれていました。たとえゴールを許しても、最少失点で乗り切れた試合も多かったですよね。
 
 今季はボールを保持できている時間が長くなったことで、守備面で少しバランスを崩してしまっている感じです。自分たちのリズムを作れていないというか、失点してから崩れてしまっている。攻守において、「もう少しまとまりがあれば」とは思っています。
 
――各々の考えが噛み合っていないということ?
 
 そうですね。得点を取れてないから、攻撃陣は攻めなきゃいけないと思って前掛かりになる。でも、守備陣は失点が嫌なので重心は後ろになる。そうして布陣が間延びしてしまい、パスを回すにしても適切な距離感を保てていません。

– サッカーダイジェストWeb –

先日の和田のように、あまり直接的なことは言いませんがポイントは「ボール保持」ですね。

昨季と違い今季は「ボールを握っている」というより、「持たされている」と言った方が正しい。

中盤、最終ラインにプレスをかけると面白いようにミスが出る。となれば大宮にボール持たせたほうがチャンスになりますからねぇ。特に神戸戦なんか酷かった…。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
清水戦でなにか違いを見せてほしい!
esaka
         

5 件のコメント

  • ポゼッションとかしなくていいよ! カウンターで点とって勝てるならw

    まあ個人技ある選手が少なすぎてカウンターもできないだろうけどな