MF:茨田陽生「高い位置でプレーできて互いに良い関係だった」

comment

オフに柏レイソルから新加入したMF:茨田陽生が練習試合・仙台戦でコンビを組んだ金澤慎と横谷繁にコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

 共に先発した金沢とは初のコンビで、2本目の途中からは横谷とも組んだ。「2人ともアンカーの位置でボールを持ってくれたので、高い位置でプレーできて互いに良い関係だった。ピッチの外でもコミュニケーションを取っていきたい」と密な連係を掲げる。(中略)卓越したパスセンスで江坂や瀬川のシュートを演出するなど、早くも周囲から信頼を得ている様子だ。「ワンテンポ遅れてオフサイドになる場面が多かった。ジャストなタイミングでパスが出るように突き詰めたい」と意欲をにじませた

– 埼玉新聞:紙面 –

やはり茨田は攻撃専門。彼が出るときは守備が得意な金澤が第一候補になるのかな。

江坂や瀬川との相性も良いらしいので、守備を破綻させずに彼をどうやって生かすのか…監督はどのような手を使うのでしょうか?

管理人のひとこと

所沢栗鼠
群馬戦でどんなプレーが見れるかな?。
comment
         

2 件のコメント

  • 昨年から見ていると、やはりボランチは横谷が一番良いと思います。
    アーリア、茨田は守備ができないならば、サイドハーフが妥当しょうね~。

  • バラタに関しては、強化部がすべて把握した上で満を持しての補強です。心配無用でしょう。