MF:黒川淳史「攻撃だけでなく守備でも貢献できる選手になりたい」

11月30日〜12月10日に行われたU−19日本代表アルゼンチン遠征に招集された、我らのMF:黒川淳史。遠征を終えて学んだことをコメントしていました。以下、抜粋して引用。

内容

黒川が再確認したのは「攻撃だけで終わる選手じゃなくて、守備でも貢献できる選手になりたい」ということ。将来的な欧州でのプレーを目指す黒川にとって、攻守に多大な貢献を果たす原口元気(ヘルタ・ベルリン/黒川と同じ江南南サッカー少年団出身)の活躍は自分に必要なものを示している。「自分の色もあるけど、世界で戦って結果を残している選手は献身的なプレーをしている。自分としても自覚していきたい。今回の遠征を通しても、守備の部分がすごく弱いと思った。あらためて自覚できたという意味では、良かったのかなと思う」

– Blogola –

たしかに日本代表MF原口選手の守備の奔走っぷりは物凄いものがあります。

少しずつでも原口選手に追いつけるよう、まずは怪我しないよう体をしっかりと作って欲しいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
来季はリーグ戦デビュー頼むぞ!
         

1 個のコメント