11/15練習:大分戦組軽め調整、家長昭博「余韻に浸る間はない」

Omiya2Rensyu

J2優勝から一夜明けて行われた昨日の練習内容と家長昭博のコメントが埼玉新聞に掲載されました。

内容

4日の大分戦でJ2優勝と1年でのJ1復帰を決めた大宮は一夜明けた15日、高木サッカー場で調整した。大分戦の先発組は軽めの練習で切り上げ、そのほかのメンバーは山梨学院大と練習試合を行った。

– 埼玉新聞 –

優勝は決まりましたがリーグ最終戦のアウェイ金沢戦を残しているためもちろん練習。次節は菊地は出場停止、横谷は怪我、カルリーニョスは負傷中。果たしてどんなメンバーで締めくくるのか?

そして家長昭博が来季を見据えて厳しいコメント。

 指揮官が「運命を分けるPK」と表現した決勝点を決めた家長は、「余韻に浸る間はない」と話す。「優勝はできたが、まだダメなところは多かった。大事なのはそういうところに目を向けていくこと。0―2になってはJ1では返せない」と来季の戦いを見据え、厳しい言葉を口にした。

– 埼玉新聞 –

優勝したが失速したことを考えるまだまだの状態。既に来季に向けた戦いは始っている、次節もただの消化試合にすることなくしっかり戦って欲しいですね。

Omiya2Rensyu