元大宮MF:イ・チョンス(李天秀)が今季限りでの現役引退を表明。

tyonsu

大宮に2010~11年の2年間所属し活躍した韓国籍MFイ・チョンス選手。昨日今季限りでの現役引退を公式に発表しました。以下、所属クラブ韓国1部:仁川ユナイテッドの公式サイトより抜粋して翻訳して引用。

内容

イ・チョンスが現役引退を表明、8日ホームゲーム後に記者会見を行う。仁川ユナイテッドのベテランストライカー:イ・チョンスは14年間のプロ生活を終えることになった。(中略)イ・チョンスは「長い時間サッカー選手として多くの愛と関心を受けることができて本当に幸せだった。特に故郷のクラブである仁川で選手生活を終えることができて光栄に思う。選手生活の終わりを一緒に過ごした仁川市民・ファンの皆さんに感謝する」と伝えた。イ・チョンスは来る8日午後2時、仁川サッカー専用競技場で開かれる釜山の試合終了後、競技場1階のインタビュー室から引退公式記者会見を行う予定である。

– 仁川ユナイテッド –

チョンスは大宮を退団後、1年間の反省期間(Kリーグと喧嘩別れして海外移籍したため)を経て2013年に仁川ユナイテッドに入団。同年に飲酒トラブルなども引き起こしましたが、それ以降は真面目にプレーしていました。

今季は20試合(先発16)に出場し2ゴールという成績。リーグ戦は既に終わっておりチームは7位。8日にホームで行われる釜山との順位決定戦(CSみたいなもの)が彼のラストマッチとなります。

ありがとうイ・チョンス、落ち着いたらまた大宮に遊びに来てね!

tyonsu