韓国代表への想いを語る元大宮MF:チョ・ヨンチョル選手のインタビュー。

4

カタールから韓国1部:蔚山現代へと移籍を果たした元大宮MF:チョ・ヨンチョル選手。昨日、韓国メディアに韓国代表への想いを語るロングインタビューが掲載されました。ちょっと長いですが翻訳して引用。

内容

Q. あなたは中東の選手について語った韓国代表ウリ・シュティーリケ監督のコメントについてどう思いましたか?

A. 監督は中東リーグで指導経験を持っていたため、多くの中東所属選手を選びましたが、中東リーグに所属する選手たちが彼の期待を満たせなかったことは事実です。しかし、私はナム・テヒだけは選ばれると思います。

 

Q,あなたはアジアカップ後に一度も代表に招集されませんでした。何が原因だと思いますか?

A,私はアジアカップで良いプレーができませんでした。そしてその後、私はリーグ戦でも良い結果を出すことはできませんでした。監督が直接試合を見るために中東に来ることはなかったので、私がアピールすることができる唯一の方法は、結果を出すことだけです。しかし私のパフォーマンスは低かったので、私は代表チームに戻ることはできないだろうと自分でも思っていた。

 

監督のコメントはあなたのKリーグ復帰に影響しましたか?

実は、監督の関係者の一人が私にアドバイスを与えてくれました。彼は私が心の中で代表復帰を望んでいるのであれば、カタールのチームに所属することで多くの利点を捨てる必要があったとしても、Kリーグに来るべきであると助言をくれました。だから私はその助言を聞いた後、深い考えてKリーグに戻ることを決めました。私は26歳、同世代の友人は代表でプレーしています。私は代表に戻るためKリーグで結果を出したい。

 

どのようなパフォーマンスで監督を驚かせるつもりですか?

私が得意なものを示す必要があります。特にドリブルでの突破とペナルティエリア周辺での守備面でも私は監督を驚かせたい。重要なのはゴールにつながるプレーです、私の一人で達しない場合は、ゴール前の状況ではチームに寄与したいと思います。私は自分のサッカーセンスを活かして更にギアをアップつもりです。

 

あなたは様々なポジションでプレーできますが、それは良いと思いますか?

私は攻撃するポジションほとんどすべての種類をこなすことができます。個人的には利点だと思います。チームで負傷した選手が居た場合、私は簡単にそのポジションに置き換えることができます。私はまた、位置を変更することでゲームのリズムを変えることができます。マルチプレーヤーであることは大きな利点と思います。

 

あなたは生涯初めてのKリーグを経験しています。どのように感じていますか?

私は海外にいたとき、私はKリーグの多くの試合を見ていました。休暇で韓国にいるときも常に少なくとも一つはKリーグの試合を生観戦していました。私はいつでもここでプレーするために必要なリーグに関する情報も持っています。

 

あなたはなぜ蔚山のためにプレーするのですか?

蔚山は私の発祥の地です。私は子供の頃から蔚山ファンですし休暇にいる時、私はこの街をいつも訪れます。私の家族もここに住んでいるので、私は頻繁に蔚山のプレーを見ることができます。初めての試合であるFCソウルとの試合では、家族は競技場におり、私の父も約200人を招待しました。私は私の家族を見ると、多くのパワーをもらっています。

 

蔚山監督:ユン・ジョンファンについてどう思いますか?

私は日本にいたとき、私は彼について多くのことを聞きました。私は個人的に彼と話しはしなかったが、私は彼のスタイルと彼のプレーしたいサッカーの種類を知っている。彼はフィールド上で精力的に走り、チームのために犠牲を払うことができる選手を好みます。私はこのことを常に念頭に置いてプレーします。

 

あなたのデビュー戦FCソウル戦はどのような評価しますか?

Kリーグは独自のテンポとぶつかり合いを持っています。私はすぐにこのリーグとチームの戦術に適応だけでなく新しい役割を行う必要があります。私はチームの記録を向上させるために最善の努力をするつもりです。

 

あなたの目標は?

Kリーグでのプレーは人生初であり、私は多くの考えを持っていました。私は過去を忘れ、新たなスタートでサッカーをプレイしたいと考えています。私はKリーグを代表する選手になりたい。そしてそれを行うことができたときファンに愛されるであろうと思います。

– 中央日報 –

カタール(中東)にいては代表へ呼ばれないってのも動機のひとつだったんですねぇ〜。一刻も早くKリーグに慣れるため必死な気持ちが伝わってきますね。

 

そして故郷・蔚山に入団はしましたが、兵役免除の無い彼は間違いなく約1年半で軍 or 警察クラブに移籍する必要があります。(出来なければ本当に軍に行き)

…やっぱり触れたくない話題なんですかね。

4