「家長封じ」を見越して監督が準備していた横山知伸の攻撃参加。

attack

5-0で勝利したホーム岐阜戦。5点差という結果だけを見れば圧勝ですが、大宮の象徴でもある家長昭博は徹底マークされる非常に厳しい試合でした。しかし渋谷洋樹監督は新たな攻撃パターンとして「ボランチ:横山の攻撃参加」というオプションをしっかり準備していたことが分かりました。以下、公式とゲキサカより抜粋して引用。

内容

 

まずは家長昭博のコメント…

「前半は僕のところにしっかりとマークが来ていたので、ムルジャとかほかの選手にくさびを当てた方が、良いタイミングで仲間の足下にボールが入ったのかなと思う」

– 大宮アルディージャ –

と完全マークされて前半は何も出来なかったことを暗に認めてます。

 

家長へのマークだけでなく大宮のストロングポイントの左サイドは、もう各チーム完全に対策を打っていて、こんな感じでスペースが空きません。

キャプチャ

こんなとき、いつもは播戸が上手くサポートするのですが欠場中で相棒はムルジャ。そして大宮サポーターなら分かっているとは思いますが、ムルジャはくさびのプレー(というかボールキープ全般)が超苦手。たまたま先制したシーンでは上手くDFをかわして横谷にパスしましたが、あのプレーを今後も期待してはいけません。

 

となると重要になってくるのが右サイド…なんだけどこれまた大輔が欠場して、右SBとして出場していたのは本職はCBの片岡。とてもじゃないが頼れない…。

 

そこで新たな攻撃バリエーションとなったのが横山でした。

「渋谷(洋樹)監督に言われている『2列目から飛び出してヘディングで取る』という形でできたので、良かったです。狙っていたことが出せました」

– ゲキサカ –

家長が封じられた際のパターンをチームとしてしっかり考えていたんですなぁ~。今後の対戦相手も家長(左サイド)封印戦術を取ってくるのは間違いない。先発がムルジャの場合、横山の攻撃参加が大きなポイントになってきそうですね。

 

なんとか勝てている間に播戸&和田&大輔復帰をお願いします…。

attack