ニールの契約満了が既に伝えられていることを現地メディアが明かす。

resize
resize

最終戦を前に帰国したオーストラリア代表の主将DF:ルーカス・ニール。

今月初めに大宮フロントから今季で契約を満了する、と連絡を受けていたようです。

以下、訳して引用。

内容

無所属状態のニールはAリーグでのプレーに興味。

ニール獲得の機会はAリーグ全てのクラブに提供されています。最近はウェリントン・フェニックスとアデレード・ユナイテッドが興味を示したが、どれも具体的なオファーにまでは至らなかった。

 

そしてポステコグルー代表監督が「ニールが来年のワールドカップのメンバーに選ばれるためには、開催2ヶ月前までには所属を決めて定期的にクラブでプレーしなければならない。」と答えたため、彼のW杯出場は危機に直面しています。

 

2度のワールドカップに出場した主将の最後の代表戦は11月19日にシドニーで行われたコスタリカとの親善試合90分 – Jリーグ:大宮アルディージャでは9試合に出場した。

 

日本での彼の最後の2週間は彼の姿はベンチにあった。クラブはニールが家庭の事情を理由にオーストラリアに戻った直後、12月初めに彼との契約を延長しないことを彼に通達した。

 

彼の代理人:ドミンゲスにニールへの質問をするため金曜日にインタビューを申し込んだが、会うことはできませんでした。

– The World Game –

アデレード・ユナイテッドとの交渉も上手く行かず、このままだとまた無所属になってしまうニール。果たして条件に合うクラブを見つけることはできるのでしょうか。

resize