磐田のDF:藤田義明選手を守備強化のために獲得オファー。

fujita

大宮の来季に向けた戦力強化策第1弾は、降格の決まった磐田のDF:藤田義明選手への獲得オファー! 以下、抜粋して引用。

内容

大宮が来季の新戦力として、磐田のDF藤田義明(30)の獲得を目指していることが18日、分かった。来季から大熊清新監督(49)を迎えるクラブは上位進出へ、今季リーグ戦の後半17試合で32失点と崩壊した守備の立て直しを課題に補強を進める。関係者によれば、既に正式に獲得オファーを出しており、同じく獲得に動いているF東京と競合する形となる。

【全文を読む方は→ スポーツ報知 】

藤田選手は30歳で主なポジションはCBでボランチもこなせる選手。

今季はレギュラーとして32試合に出場。前半戦はCBとして出場し、カリン加入後は彼の相棒として守備的ボランチとして出場していました。

 

F東京と競合しているようですが、向こうは米本・長谷川・森重・高橋秀といった日本代表が揃っているから完全にバックアッパーとしてのオファー。こっちは拓矢の後釜としてのレギュラー候補だから…出場機会はこっちのが多そう。

 

CBは菊地・祥平・片岡で回せるから、やはり狙いはボランチ。拓矢、カリンの残留は厳しいとフロントは判断したのかなぁ…。となると金澤、康太、和田、大山のうち3人はベンチ外になる。果たして大熊監督は、どのような判断をするか。

fujita