里内猛コーチによる「大宮は選手にとって帰属意識のない腰かけクラブ」評

satouchi

現・大宮コーチである里内猛コーチによる、なかなか衝撃的なインタビュー記事が載っていたので、主要部だけ抜粋して引用。

内容

 五輪代表チームが解散した後、コーチだった小倉勉から里内に電話が入った。大宮アルディージャからコーチとして誘われているという。 「大宮はどんなチームですか?」

 

 かつて大宮にいた里内に小倉は意見を求めたのだ。 「知っているように、(J2に)落ちないことをメインにするクラブや。そして、こういうサッカーをやるというクラブのカラーが出しきれない。その問題の根っこには(選手たちの)帰属意識が希薄だというのがあるんかもしれん」

 

 同じさいたま市に浦和レッズという強烈な支持を受けるクラブがある。レッズの選手と比べると、大宮にはとりあえず1年ここでプレーするかという腰かけ的な雰囲気があった。「現実問題として連勝が出来ない。1つ勝つと、引き分け、あるいは負ける。でも連敗はする。団結する何か、求心力みたいなものがない。メンタルのところに問題があるんちゃうかな」

【全文を読む方は→ 現代ビジネス 】

記事では他に、里内コーチの提案でできた新クラブハウスの施設の内容、鹿島にあって大宮にない勝利へのメンタリティなどが書かれており必見です。

 

落ちないことをメインにする腰かけクラブ…か。重たい言葉ですね。orz

satouchi