第33節 vs 磐田 テキトーなデータ

vs2Iwata

というわけで vs 磐田のテキトーなデータ。

 

前回の対戦(第13節)は0-4で大宮の完敗
思い出したくもない、今シーズン最・悪の試合だった。
そして鈴木前監督を介錯した試合でもあった・・・。

対戦データ

●欠場情報●

磐田 出場停止
欠場確定 川口
出場微妙 宮崎
出停リーチ 小林祐

 

出場はするであろうが、駒野が腰痛持ちで不調らしい。
ただレギュラークラスに欠場レベルのケガ人はいない。(川口は3月から離脱中)
それだけに、最近の不調の原因がサッパリ分からない模様。

 

●磐田の勝敗パターンと平均勝点●





平均勝点
先に得点した場合 10 2 3 2.13
先に失点した場合 2 3 10 0.60
スコアレスドロー 2
合計 12 7 13

先に得点すれば勝点が平均2点台!
先に失点すれば勝点が平均0点台!
まぁーなんとも極端な成績・・・。(; ^ω^)

 

●磐田の時間帯別の得失点●

1~15 16~30 31~前終 46~60 61~75 76~終了 合計
得点 10 10 4(0) 7 6 18(4) 55
失点 3 9 6(3) 10 8 14(3) 50

 

前半からガンガン行くらしく、前半30分までの合計20得点はリーグトップ!
その弊害なのか失点は後半に集中、後半合計32失点はリーグワースト3位。
前節のセレッソ同様に、いわゆる攻撃型のチームですな。

 

●まとめ●
守備に不安があるが、それを上回る攻撃力で勝っていた前半戦の磐田。
しかし後半戦は対策をされたようで、自慢の得点力があきらかに下がった。
(前半戦18試合の平均得点:2.0、後半戦ここまでの平均得点:1.4

そして守備はさらに悪化して平均失点が1.47→1.66と上昇している。

大宮は後半戦ここまでの平均得点:1.46、失点:1.20。
浦和戦以降だけなら平均得点:1.66、失点:0.44とまさ絶好調!

というわけで現在のチーム状態では、あきらかに大宮の方が上。
ボコられた前半戦の借りを今こそ返すべき!

一気に残留を決めて、NACKで楽しい最終節セレモニーをしましょう~(*・ω・)ノ

大宮共闘

vs2Iwata