第32節 vs C大阪 テキトーなデータ

vsCosaka

というわけで vs C大阪のテキトーなデータ。

 

前節が11/7(水)なので、少し間隔が開いて両チームとも中9日での試合となる。11/14(水)にA代表戦があったが、大宮とC大阪にA代表選手はいないので関係なし。

対戦データ

前回の対戦(第5節)は03で大宮の完敗。
しかしセレッソは前回と比べて大幅に選手が入れ替わっている。

 

OUT IN
監督 ソアレス クルピ
選手 ケンペス 杉本
ブランキーニョ ヘベルチ
清武 シンプリシオ
キム・ボギョン 柿谷
永井 枝村

 

特に前線の選手は、ほぼ入れ替わり。
こんだけ変わると春の試合はまったく参考にならんなー。(;´Д`)
中心となる選手が抜けてるのに、逆に強くなってて訳が分からんヨ。

 

●欠場情報●

C大阪 出場停止 播戸、クルピ監督
欠場確定 吉野
出場微妙 杉本、柿谷、茂庭
出停リーチ 扇原(2)、酒本、茂庭、キム・ジンヒョン

 

なんと監督がベンチ入り停止!(理由)まぁ影響はさほどないだろうけど。
客席から携帯でコーチに指示したりするのかな?

あとは控えMFの吉野が離脱、播戸は出場停止。前節でケガ交代した3名の出場は、うわさでは茂庭×、柿谷△、杉本○らしい。柿谷さん!あと1週間休んでていいのよ!(切実)あとはFWが足らないから2種登録の南野が出るかもしれない?

 

●C大阪の勝敗パターンと平均勝点●





平均勝点
先に得点した場合 8 4 7 1.47
先に失点した場合 3 2 5 1.10
スコアレスドロー 2
合計 11 8 12 1.32

先制すると1.47、先に失点すると1.1、先に失点すると平均勝点は下がる。
けど9月にクルピ監督に交代して以降は4勝3分1敗(1.8)と圧倒的だから、
まったくあてにならないデータなんだけどね・・・。(; ^ω^)

 

●C大阪の時間帯別の得失点●

1~15 16~30 31~前終 46~60 61~75 76~終了 合計
得点 2 8 7(1) 8 6 12(3) 43
失点 4 7 6(0) 5 12 10(2) 44

 

得点は16分以降は平均的に取っている。(終了間際に得点が多いのは全チーム共通)
失点が61分過ぎ辺りから急に上昇、疲れて足が止まるのかも。

 

●まとめ●
9月以降のセレッソは完全に前半戦とは別チーム弱かった前半戦にボコられている大宮ァ・・・。
失点を補える、去年のような爆発的な得点力が戻った。(‘A`)

 

最近TVでも取り上げられて、「大宮は9月以降負けなし~」とか持ちあげられているけど、実際に取った勝点はセレッソの方が上(大宮:14、セレッソ:15)今のセレッソは、まともに戦ってはいけない勢いのあるチームなのだ。

 

卑怯とか金返せとか言われようが、アウェイ広島戦の様な試合をしてもいいかも・・・。とにかく今シーズン11得点の柿谷が欠場してくれれば、まだ救いがある。お願いだから、今週はゆっくり休んでいてください・・・・。(>_<)

 

大宮共闘

vsCosaka