清水戦は4ー1ー4ー1のアンカーシステム(アンカー:金澤)で戦う?

omiya-rensyu

omiya-rensyu

昨日の練習は秋葉グラウンドで行い、清水戦に向けて久々の4ー1ー4ー1(アンカーシステム)を練習した模様。

以下、埼玉新聞より抜粋して引用。

内容

 清水との通算対戦成績4勝7分け6敗のうち、アウェーでは4分け4敗と勝てていない。”鬼門”突破へ11対11では4―1―4―1布陣を試すなどして対策を図った。

 

 同布陣の主力組はワントップにノバコビッチ、中盤は左から曺永哲、高橋、青木、渡辺。アンカーに金沢を置き、守備ラインは左から下平、片岡、菊地、渡部でGKは北野が務めた。

【全文を読みたい方は 埼玉新聞:紙面】

小倉体制で唯一の白星である横浜FM戦で敷いたアンカーシステム。そのときアンカーは祥平でしたが今回は金澤が入るみたい。+右SBは村上から大輔に変わる模様。あと転載はしませんでしたが、記事の中で監督がなかなかの問題発言もしており必見です。

 

1度は上手くいったこのシステム。新潟戦で不発、名古屋戦では途中で変更してバラバラに。さあ、どうなるか…。

omiya-rensyu
         

2 件のコメント

    • なんとか今の流れを変えようとしているんでしょうね。監督も選手ももがいています。我々には応援することしかできません、清水戦勝ちましょう!