今井智基が憧れていた選手は現:名古屋の玉田圭司

imai

今季、大宮不動の右SBを務める我らの今井。

そんな彼の憧れのJリーガーは名古屋の玉田選手だったとのこと~。

「実は玉田さん、僕が幼稚園から小中までやっていたチーム、市川カネヅカSCという千葉にあるクラブの先輩なんです。僕が小1のとき、玉田さんがまだレイソルにいたときに一度会ったことがあります。そのときサインをもらって本当うれしくて…。今でも持ってますよ」。

 

 その後、玉田はブレイクを遂げる。日本代表選手として2006年のドイツW杯でも得点を決めた。今井は先輩の活躍をずっと見続けていた。「僕がJリーガーに憧れたきっかけでした。前の名古屋戦で、玉田さんに同じチームだった話をしたら、『マジで!?』って本当驚いてましたね(笑)」。

全文を読みたい方はコチラ【Blogola

玉田選手は2TOPの左での先発が濃厚。前半戦と変わらず高パフォーマンスなプレーを続ける今井は、憧れの選手を超えることはできるのか?

imai