昨年と今年、大宮から移籍した選手の今季成績

loan

loan

 

今年もリーグ戦は残すところ8試合、各クラブでは来季の編成も始まっていることでしょう。そこで昨シーズン開幕~現在までに大宮に所属し、現在別クラブに所属している選手の成績を一覧にしてみました。果たして「今、大宮に居てくれれば…」と思えるような選手はいるのでしょうか。

 

種別 名前 移籍形式 現所属 今季出場時間
(先発数)
完全移籍 キム・ヨングォン 完全→完全 広州恒大 2035(-)
坪内 秀介 完全→完全 新潟 300(3)
東 慶悟 完全→完全 F東京 1997(24)
深谷 友基 完全→完全 大分 201(3)
市川 雅彦 完全→フリー
ラファエル

レンタル加入

→復帰→完全

ボタフォゴ 2023(-)
河本 裕之

レンタル加入

→復帰

神戸 986(11)
木原 正和

レンタル(福岡)

→完全

福岡 0(0)
土岐田 洸平

レンタル(大分)

→完全

大分 993(12)
レンタル中 カルリーニョス 完全→レンタル 磐田 519(6)
金久保 順 完全→レンタル 福岡 1630(18)
イ・グノ 完全→レンタル 北九州 53(0)
清水 慎太郎 完全→レンタル 岡山 117(1)

 

海外移籍組: 

ラファエルは一時はどうなるかと思いましたが、今やチームトップの得点数でレギュラーに定着。ヨングォンはクラブだけでなく代表のレギュラーにも定着、確実に来年のW杯にも出場するでしょう。

 

J1組:

東はレギュラーになりましたが、相変わらずシュートがヘタで結局夏の海外移籍はできず。カリンは移籍すると定位置のボランチで即レギュラーに、たとえ磐田がJ2に落ちても減棒を受け入れれば残れるハズ。坪内は若手にポジションを奪われ出場機会激減、新潟では高年俸なので放出濃厚。土岐田は半レギュラーですが、大分は降格でベテラン選手を整理するので、来季も大分でプレーするでしょう。意外だったのは深谷、この成績では来季の契約は…が元々大分の生え抜きなので、減俸を受け入れれば残れるかも。

 

J2組:

金久保は離脱もありましたが1年通してレギュラーとして活躍、来季大宮福岡かを選ぶのかは金久保次第。河本は怪我と病気に泣かされて散々な成績、とはいえチームは絶好調なので来季はJ1で会えそう。慎太郎は夏移籍で短い出場時間のわりに結果を出している(得点数:リーグ2、天皇杯1)、大宮のフロントはどう判断するのか。グノは複数年契約であればJ2下位で通用しない以上、来季はJFLかJ3に再レンタルかな。契約が残っていなければ、まだ若いし満了にして帰国でしょうね。

 

木原と市川は来季プロサッカー選手であればいいですが果たして…。

loan