代表に合流したノヴァが大宮についてコメント

nova

nova

 

9/6のアルバニア戦(H)と 9/10のキプロス戦(A)で行われるW杯予選に選出され現地に向かったノヴァとズラタン。9/2の午後にチームに合流、現地の報道に日本での監督解任についてノヴァが少しだけコメントしていたので訳して転載。 

新スロベニア代表チームの編成

経験したことがない新しい何かがうまれる

 

カタネッチ監督によって午前12時より少し前に代表チームの練習が始まった。

そして昨日(9/2)の午後にスロベニア代表チームの大半が合流した。
中央ホールに入り代表選手たちが、たむろするとき私たちはリラックスした表情だけでなく明らかな疲労を彼らの顔から見て取れた。

 

特に日曜日の夜の試合に出場することが濃厚なある選手は、別の旅行を急遽追加されたある人のためにも、エンターテイメントを起こさなくてはならない。(ある人=どうみてもベルデニックのこと)

 

代表最年長のノヴァコヴィッチとズラタンの2人は日本で貴重な経験し、なんとか満足感を残して帰国してきた。大宮アルディージャの連敗はついに8連敗となったがストップし、2人は時間をかけて怪我を回復させ試合に出場できる状態に戻った。怪我は短時間で繰り返される兆候はなく良好です。

 

「この長いキャリアの私が経験したことがないような、驚くべきことだった。」

ノヴァはこのように答え、今シーズン一時は首位経つなど良好な成績をおさめていながら、その後、連続した敗北により極めて異例のシーズン半分での解任という、所属クラブに起こった嵐についてコメントした。

 

彼に別れたスロベニア人監督:ズデンコ・ベルデニックについて回答を質問すると「それに答えるのは非常に苦しいです、それについてはコメントしません。」クラブの元監督の解任について、クラブの得点王はこのように語りました。

 

彼は日本からスロベニアへの長い旅の影響は感じなかったと確信している。それは国への飛行は、夜間に眠りながら移動したことが良かったからです。

-Planet siol.net

というわけで、無事にスロベニアに到着し代表選手たちと合流したノヴァとズラタン。

ベルデニックがスロベニアにいるのか分かりませんが現地の記者に今回の解任劇について、あまり多くを語ろうとはしませんでした。まぁそりゃそうか…。

nova