山口戦を前に石井正忠監督「ときには引いて相手にスペースを与えない」

山口戦を控えるアルディージャイレブン。チームを率いる石井正忠監督が試合のポイントをコメントしてくれました。

以下、抜粋して引用。

内容

山口はリーグトップタイの15得点を挙げており、前線には多彩なタレントをそろえる。「特に前線の3人の選手(オナイウ阿道、高木大輔、小野瀬康介)は、得点もとっていますし、乗っている。警戒しなきゃいけない部分の一つではあると思います」と指揮官。一貫してとり組んできた前線からのプレッシャーだけではなく、守り方にプラスαをもたらす必要性にも言及した。「コンパクトにして、スペースを与えないというところが一つ、あると思います。高い位置だけじゃなくて、自陣に引いて相手にスペースを与えない。自分たちの前でプレーさせるということも、ポイントになるんじゃないかと思っています」

– elgola –

J2トップタイの15ゴールを挙げている山口。今までのような中途半端なハイプレスなどを行おうものなら瞬く間に失点してしまうことでしょう。

 

せっかく笠原、菊地といった高さだけならJ1クラスの選手を擁しているのだから、ときには引いてカウンターを狙うなどしたたかな試合運びを見せてほしいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
期待してますよ。
         

4 件のコメント

  • たいして走れない大前とシモビッチでどうやってカウンターすんの?まあ、シモビッチは明日出れませんがね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。