MF:三門雄大「今までは犠牲心というものが足りなかった」

MF:三門雄大が福岡戦の前に前線の選手たちに話した内容が明らかになりました。

「犠牲心というものが足りなかったのかなと思います」三門は、さらにこう続けた。「誰かのために何かをやってあげようとか、誰かが抜かれたらカバーしてあげようとか、そういうのが足りなかったと思います。(中略)石井正忠監督もそのことに気が付いていたようだ。福岡戦前のミーティングで「お互いに助け合って、みんなのために戦おう」と伝えたという。三門自身も大前元紀やシモヴィッチ、清水慎太郎、富山貴光ら前線の選手に「前から守備に行ってくれれば後ろも連動していける。お互いにフォローし合っていこう」と話したという。簡単な意識づけだが、それ1つで変化が表れるのがサッカーの面白いところである。大宮は三門の言葉を胸に、一体感を見せた。

– ナンバーWEB –

さすが。各クラブで主将を任されるだけのことはありますね!

 

横谷とマテウスもそうですが、実際にプレーするのは選手。試合中も話し合って即座に修正できるチームになりたいものです。

         

8 件のコメント

  • こういうのが欲しかったんだよね。
    これは菊地の仕事だと思ってたけど、ともかく誰だっていい。
    選手は指示待ちじゃなくて積極的に決めてほしいと思ってた。
    監督は最低限の指示しか出さないんだから。

  • 逆に言えば、そんな事すら出来ないクソチームなのかと!

    何年、プロやってるんだね?

  • 三門雄大選手

    試合中のプレーからも、メディアでのコメントなどからも、本当に素晴らしい選手だと感じます。

    中盤の核となり、文字通り大宮を押し上げてほしいです。

    チャントの声量も自然と上がります。

    松本戦も勝ちましょう!

  • これ読んだら、福岡戦のセカンドボール奪取率が高かった理由が良く分かったね。
    ていうか、強いチームはこれは当たり前の様にやってるんだよね。逆に弱いチームは出来てない。正に熊本戦までのアルディージャがそれ。
    これが継続できれば必ず結果としてついてくる。次節も頑張れー。

  • ホント、昨季あれだけ悔しい思いをさせられたというのに、新加入選手に指摘されないと解らないのか???
    情けない。
    ともあれ、改善されたのであればよかったけど。
    これからも、三門にリーダーシップを発揮してもらうしかないのかな。

  • 久しぶりに1試合勝っただけ、これから勝ち癖、勝ちパターンをトームとして持てるかが大事だね。
    2-0で終われず、冷や冷やな勝ち方ではまだまだかと。