福岡戦後半のFW:大前元紀FK弾に相手GK「見えなかった」

mienai

福岡戦貴重な追加点となった大前元紀のFK弾。シュートについて大前、相手GK:杉山力裕選手がコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

大前は第2節町田戦(2-3)以来、4試合ぶり今季2点目。「GKにボール見えないようにうまく隠してくれた選手もいたので、チーム全体で取ったゴールかな」と仲間の“アシスト”に感謝した。 清水時代の元同僚で親交が深いGK杉山力裕を破ってのゴール。杉山はミックスゾーンで取材対応する大前に「見えなかった」と笑顔で声をかけた。壁の間に199cmのシモヴィッチがポジションを取り、GK杉山の視界を遮った。

– ゲキサカ –

蹴る瞬間がコレ

キッカーは左2人に右1人で誰が蹴るか全く分からない。しかも視線の中に2mのシモヴィッチ、その先にも山越&三門が居てほとんど見えない状態。GKは右は味方の壁に当たることを信じて左に山を張るしかないでしょう。

 

シモヴィッチにはこんな使い方もあるんですねぇ。今後対戦する相手は大前、マテウス、中村という3人の異なるFKを気にしなくてはなりません。反撃に向けていい武器を手に入れました!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
松本戦もゴールを頼むぞ!
mienai
         

6 件のコメント

  • 大前選手の蹴ったボールも良かったけど、キッカー3人と高い壁ーーこれで蹴る以前の作戦勝ちって感じですね。
    大前選手とシモヴィッチ選手の関係も良さそうですね。

  • 意外とシモビッチは色々考えているよ。
    マルセロ、カウエも働かないとね。

  • シモビッチ、横谷、蹴る前からそこにいたらオフサイドやん???
    相手DFが、蹴る前からマークしてる意味が不明???

    大前のFKは、かなり甘いコース。
    GKの反応が遅れたのは、明らかだね。