GK:笠原昂史が金沢戦チームで意識しなければいけないことを語る。

前節・徳島戦で大宮で初出場を果たし数々の好セーブでデビューを果たしたGK:笠原昂史。次節・金沢戦でチーム全体で意識しなければならないことを語りました。

以下、抜粋して引用。

内容

――前節・徳島戦を終えて、次の試合に向けて意識していきたいことは?
「まず無失点に抑えること。そこだと思います。プレッシャーに行くとなったら、もっと勢いを持って行ってもいい。必要であれば一人が二度追い、三度追いしないといけない場面も出てくると思うので、プレッシャーのスピードだったりを出していけたらいいんじゃないかと思います。準備ができていなければ(プレッシャーに)行かせることはできないので、後ろから主導権を持ってやれればいいと思います」

(中略)

――今節対戦する金沢の印象は?
「守備はゾーンディフェンスというよりはマンツーマンでキッチリやってくるイメージです。やっぱりカウンターでは強烈なFWがいますし、リスクマネジメントのところをしっかりやっていければと思います。(連敗の状況だと前がかりになる可能性もあるが?)そこは役割分担だと思います。誰かが行けば誰かが戻ればいい。その穴埋め作業というのを、穴が空かないようにやっていければいいと思います」

– OmiyaVision:無料記事 –

やはりエルゴラで指摘されていたスペース。最後方の笠原から見ても相当問題があるんですねぇ。

 

あとはプレス。今の石井大宮は2度追い3度追いをしないと、なりたたない。それが出来ないのであれば試合に出てはいけない。シモヴィッチ、大前、マテウス、横谷、茨田あたりは金沢戦は変えられる可能性がありますね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
まずは守備!
         

3 件のコメント

  • おっしゃる通りで守備から建て直すのが先決だと思います。

    そういった意味では慎太郎を使ってほしいと思っています。
    決定力はないかもしれませんが
    プレスをかけるという意味では
    慎太郎が一番いいと私は思ってます。