DF:中村太亮「左SBから左利きを生かしたパスで攻撃の起点となりたい」

ジュビロ磐田から加入したDF:中村太亮。新体制発表会で自身のポジションである左SBでのプレーについてコメントしていましたのでまとめ。

以下、抜粋して引用。

内容

Q:左利きの左サイドバックということで、チームとしても期待されている部分が多いと思いますが

「ビルドアップで自分が中心になれたらと思います。(左利きなので)ギリギリまで待ってパスを出すこともできます。出してそのまま前にスペースがあれば走っていきます。経験も生かして、中心となってやっていければと思います」「現代サッカーでは後ろからのビルドアップが重要ですし、J2になるとボールを持てる時間が長くなるので、守っている相手に対して勇気ある縦パスとか、サイドから入れることが有効だと思います。そこで良いボールが出せれば、チャンスも作れるので、ポイントになると思いますし、そのためにここに来ることを決断しました」

– 超WORLDサッカー –

泣き所である左SBから起点としてのオファーで大宮に来たことを分かってくれています。J2千葉時代に見せたビルドアップや正確無比なクロスにパス、大いに期待してよさそう!

 

ただ気になるところもあり…

「守っているだけでは面白くないです。ジュビロの1年目は、チーム状況的にも守っている時間が長かったというのもありました。自分のストロングポイントはほぼ出せていないですし、2年目はほぼ試合に絡めませんでした」(中略)「J2の下位のチームになると、守り方を徹底してやって、引いて守ってカウンターというのが多くなると思います。そういった相手に対してどう自分たちが仕掛けていくか。 J2の戦いは非常に難しいと思います。下位のチーム相手にどう戦うかですね」

話す言葉は攻撃に関することだけ。ボールを握る展開になれば輝くでしょうが、ハイプレスチームとの戦いでは確実に穴となります。そのあたりをどうカバーするか…。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
攻撃に特化した左SB、石井監督は彼をどう生かすか。
         

6 件のコメント

  • 「中村は攻撃に特化したSB」
    これおかしいだろ?特化だと決めつけるなよ。
    ハイプレスに対応するためにも同じく左サイドアタッカーの嶋田との連携を素早いパスで上手く応用してほしい。
    所沢栗鼠、オマエいつも決めつけすぎなんだよ。
    タコ

  • 春が近いせいかイカれたコメントが多いな。所沢のブログ好きなんだけど…
    所沢に同情するよ。         

  • 攻撃に特化って表現はあってるよ。
    攻撃にプラスして守備も出来てたら今頃磐田でレギュラーとってるわ。まだ若いから石井監督のもと成長に期待してるよ。

  • 攻撃参加した裏のスペースとか、連携しながらよくよくケアしないとね。
    攻撃が好きなんだろうけど。