DF:高山和真が甲府戦で見せたプロフェッショナルファウル

引き分けに終わり降格が決まった甲府戦。試合中にDF:高山和真が相手FWに対し行ったファウルについて語りました。

以下、抜粋して引用。

内容

――危険な状況になる前につぶせていた印象だが?
「チームとして攻撃に枚数を掛けなきゃいけない状況だったので、後ろはマンツーマンになることが多かったんですけど、その中でも自陣より敵陣でのファウルならイエローは出ないと思いました。それはレフェリーの基準を見て考えていました。『出ないな、この人は』と思っていたので、その面では後ろからでもドゥドゥに行けていました。仙台戦に0-3で負けてから、そういうところは改善しないといけないと思っていたので、その辺はコッシー(山越)とうまくコーチングし合いながらできたと思います」

– OmiyaVision:無料記事 –

守備の堅いチーム(横浜、柏)からゴールを奪っているドゥドゥ&リンスコンビを封じたのは相当自信を持っていい。なんだか一気に成長しましたね〜。

 

やはり伸び悩んでいるユース組の若手に足りないのは圧倒的に経験。来季戦うJ2は試合数も多く鍛えるためには格好のステージ、1年での復帰を目指しての復帰もいいですが、数年後をにらんだ戦いもしてほしいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
川崎戦が楽しみ!
         

3 件のコメント

  • 若い選手が育たないとチームは強くなりません。
    山越、高山、河面は使えそうなので試合で鍛えて欲しい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。