石井正忠監督との来季契約と来季戦力見込選手との交渉は川崎戦後!

大宮アルディージャの森正志社長によると、石井正忠監督との来季契約と来季戦力見込選手との交渉は川崎戦後になる模様。

以下、抜粋して引用。

内容

J2降格が決まった大宮の森社長は「シーズン中に監督が二度交代、強化本部長も交代し、夏の補強もしたが、結果は残留できなかった。まずは残りの川崎F戦に勝って来季に向けて終わりたい。石井さんとは契約したときに3試合が終わるまでは、この話(来季のこと)はしないようにしましょうということだった。せっかく心に決めてアルディージャに来てくれたのだから反故にしないようにしたい」

– スポニチ –

ということで続投交渉は行っていない模様。

とはいえ石井監督レベルの人材(実績、N関OB、日本人、調整タイプ)は事実上存在しないのでお願いするだけでしょうけど…。

 

 OmiyaVision には森社長の質疑応答全文が掲載されました。

有料なので引用はしませんが「主力選手については川崎戦が終わってから慰留したい」と話しています。逆に言えば既に戦力外の選手については通達は終わっているようなので、来週ベンチ外の選手が最後に挨拶に来た場合、お別れの可能性が高そうです。

 

そして「来季は西脇強化部長続投」「来季体制発表は早くお知らせする」とも話しています。早ければ川崎戦後にも、なにかしら発表があるかもしれませんね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
決まった以上、動き出そう!
         

14 件のコメント

  • やっぱり試合に勝ってるアルディージャが観たいです。
    もちろん、J1で。

  • もったいぶるな森社長。それこそ今にでも石井監督お願いしますが当然だろうが。降格寸前のチームをクラブOBとはいえ受諾してもらい招き入れてたった3試合で責任をとらすとしたらどこまで無能なんだ。サポの唯一の心の拠り所まで奪う気か。

  • もはや上から目線で石井監督に言えるクラブではない。早く続投の契約をするのが筋。どこまでこのクラブはサポをヤキモキさせれば気が済むんだ。

  • やはり今の大宮では日本人主体のチーム作りは難しい。強力な助っ人を縦のラインに揃えつつ日本人選手を育成させていくのが理想じゃないかな。

  • 森社長、来年からはアルディージャを応援する人達がが本当の意味でポジティブな気持ちで応援できるようチーム運営をお願いします。

  • 恐らく石井監督はフリーになれば引く手あまたな人。途中で投げ出したりする人ではないだろうしなんとしても来期もやってくれると信じてます。

  • 石井監督、クラブOBとしてNTTサッカー部をアマチュアから真のプロクラブに変えて下さい。

  • とにかく、強くなってほしい。
    もうこれ以上となりにサポ引き抜かれるの嫌。

  • 新潟は降格決まって更に監督まで変わるのが決まってるのに2点差ひっくり返して勝ちました。来期もやれるという意地を見せたと感じました。
    今アルディージャに意地を持った選手居ますか?マテウスしか意地を私は感じれなかった。

  • あのカウエとマルセロに5億もかけていたとは驚きとともに呆れる。ジェイやパトリック、日本人の高給取りを複数来てもお釣が出る。無難な人選する大宮が過去成功例の無い韓国やポルトガル経由で大金はたいて選手を連れて来るとは。
    社長がサッカーど素人だとこうも無駄遣いできるのかな。
    それともあの松本前強化本部長だからこそなせる業か。
    カネの持ち腐れとはこの事かな。

  • 石井さんに値踏みされてるんでしょ。
    これを機に、クラブは本気で生まれ変わる気があるのか?
    それとも、自分を呼んだのはサポのガス抜きのためだけだったのか?
    あるいは、監督交代ブーストを狙ってみただけだったのか?
    ってね。
    石井さんの去就で、来季の大宮の立ち位置が決まることだけは間違いない。
    救いの手を差しのべてくれるのか?
    呆れて見捨てちゃうのか?