長谷川アーリアジャスール「今はポゼッションを捨ててカウンター」

ここリーグ2試合で先発している長谷川アーリアジャスール。伊藤監督の信頼を掴んでいる彼が最近の戦い方についてコメントしてくれました。

以下、抜粋して引用。

内容

――守備ベースの戦い方からどう発展させていきたい?
「そこは難しいところもあって、本来はずっとポゼッションをやってきて結果が出なくて、守備的になってきた。ただ、やることはハッキリしていると思いますし、みんなが同じ意識を持てれば、大宮は今までも残留争いの中で守ってカウンターというのをやってきたチームでもあるので、うまくハマれば絶対に良くなる。みんなが同じ意識を持たないと、中でバラバラになってしまうとより難しくなると思うので、逆にハッキリしていいのかなと思います。それをしっかり90分やり切れるかもあるし、数少ないチャンスでしっかり決め切れるかもあります。そういうところにパワーを持っていけるようにしなければいけないのかなとも思います」

– OmiyaVision:無料記事 –

渋谷前監督がこだわり、伊藤監督体制に変わってもポゼッション?スタイルを捨てなかったアルディージャ。横浜FM戦から明らかに残留争いに切り替えた守備重視サッカーへ舵を切っています。

 

渋谷前監督に口説かれ?ポゼッションスタイルのサッカーをするために大宮に入ったアーリアにとっては耐えられることではないかもしれませんが、なんとか力になってほしいものですね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
早く貴方のゴールがみたいなあ…。
         

7 件のコメント

  • ポゼッションをやるには、困った時にボールを預けられる代表レベルのエースが必要。現メンバーでは中途半端なレベルなんだと思う。今シーズン初めから、できることをやって欲しかった。
    開幕6連敗、渋谷監督の時からわかっていたはず、意地を張ってやり続けても無意味。
    ゴールが入らないし、ポゼッションと言ってもバックパスばかりで、後ろで繋いで重心が後ろになって相手に攻める機会を与えているだけ。

  • ルバンカップで優勝、リーグ3位のC大阪。一昨年までは大宮と同じJ2で、同レベルで戦ったチーム。なにが変わったのか。
    ・外国人は身長があってフィジカルとヘッドが強い選手を集めた(ヨニッチ、ソウザ)
    ・日本代表レベルの柿谷、清武、杉本の復帰
    ・監督が大熊からサガン鳥栖を鍛え上げたユンジョンファンに交代
    ここまで好条件が揃えば必然かもしれないが、フロントとクラブの運営が行き届いたからできたところなのでしょう。大宮も見習わないといけませんね。
    また、大宮との試合を観たときに思ったのが、セットプレーでの失点とセカンドボールの競り負けでもわかるようにフィジカルの違い。

  • まだみんなが同じ意識を持ってないと暗に言ってるね
    いらいろと遅いんだよ

    • 同じ意識で無くていい!と・・・
      それが、大宮のフロントなんでしょ?

      だから、毎年弱いんでしょ?

      「独立採算制」取らせないと、まずフロントの意識が変わらないでしょ?

  • なにやっても出来ないし無駄。今更、チームの意識が一緒にしないと。いうコメントは飽きた。来季も監督未経験者がやると思うと嫌だな。勝てないのはあなた達のせいです。

  • エセポゼッションを捨てたのなら、カウンターの起点くらいにはなってくれよ。
    期待外れなんだよ。
    大前と双璧。