DF:菊地光将「パワープレーもやむを得ない。今は結果が全て」

試合終盤にパワープレーを選択しつつある伊藤アルディージャ。主将:菊地光将が選手としての気持ちをコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

パワープレーについてはやむを得ない選択であることを認めながら、結果を重視しながら残留を目指して戦っていくことを誓った。「パワープレーをする状況じゃなくて自分たちが勝っているっていう状況に持っていきたいですけど、パワープレーはやむを得ないっていうか。でも、今は結果がすべてで、前線に上がっている身としては、前で身体を張ってやってやろうって気持ちですね。今日はマテウスのFKでしたけど、勝ち点1を拾って、しぶとくあと4試合やっていければいいと思います」

– goal.com –

やっぱりDFとしては納得はいかないよな〜。でも今はそんなことも言ってられないし仕方なしか…。

 

横浜、柏戦と何本か良い攻撃は見られましたが、基本はカウンター主体でパスワークの欠片も見られませんでした。ついに理想を捨てたってことなのかな監督。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
C大阪戦はどうなるか。
         

13 件のコメント

  • 菊池はパワープレー好きそう。ゴールしたいんだよ。凄くヘディングは上手いね。

  • いつまでも理想を語らず結果にこだわる事は良い事だと思います。
    生で観てても終盤のパワープレーに勝利への執念を感じられます。

    • それは、
      「窮鼠猫を噛む」
      状況に陥っていることなんだよ。
      褒められたことじゃないし、それは戦術ではない。

      サポーターまでが、無知だと落ちるぞ。

  • 残留目指すなら守備からだよ。前線ブラジル人3人で攻撃、残りの日本人は全員守備。
    この位やらないと奇跡も起こらない。理想と残留の二兎追っても両方ダメになる。

  • パワープレーはもちろん結構なんだけど、単純にそうならざるを得ない前のパターンがあまりに乏しい。サイドからクロス以外に中央からのワンツー等の崩しや裏へのスルーパス、ロングシュート、ドリブルからのシュート等の形が毎度少ない。遅攻を好む監督なのにその辺の連携や精度が雑で結局最後はパワープレーに頼らざるを得ないのがやるせない。
    練習量ももちろんだけど選手間の連携面の意志疎通をもっと煮詰めないといけないのでは。

  • パワープレイって、ウルトラマンのカラータイマーが点滅してから
    いきなり強くなる。
    とかの、アニメの世界だよ。

    大宮にスーパーマンがやって来てくれるのか?

  • パワープレイって、ウルトラマンのカラータイマーが点滅してから
    いきなり強くなる。
    とかの、アニメの世界だよ。

    大宮にスーパーマンがやって来てくれるのか?

  • 渋谷監督のときに、最後まで無理して繋ごうとしても上手くいかなかったことは実証済み、これを見ていたときは可能性すら感じなかった。
    上位チームには必ずいるエース。残念ながら、今年の大宮のメンバーの中には、攻撃時に預けておけば何とかしてくれるエースまたは収まる選手はいない。いまは結果が全て、もっとも可能性がある選択をするのがベターだと思う。

  • 残るため。しょうがないんじゃ、ないの?
    選手はよくやってると思う。
    期待かけすぎですよ。そんな選手層だと思う。
    今の順位が妥当な選手層だし、期待しすぎだと
    思います。それをよってたかって。。。
    そんな選手層厚くないですよ。今の順位が妥当
    だと思いますし、よく頑張っていると思います。

  • いまだに「やむを得ない」なんて言ってる限り、何をやっても上手くいかない

  • 菊地の気迫と闘志は素晴らしいけど、毎試合終盤にパワープレイばっかりの戦術ってなんなん。
    監督の攻撃バリエーションの少なさと選手への落とし込みができていない状況の裏返しだな。

  • そもそもパワープレーの精度も低いんだよね。
    菊地キャプテンが体張ってるのは解ってるけど、落としが雑。
    パワープレー一辺倒じゃないアイデアがあると、相手の意識も分散すると思うんだけどな。