MF:金澤慎「伊藤彰監督の提示に取り組んで結果を出すだけ」

中断期間中に練習に取り組むアルディージャイレブン。ベテランMF:金澤慎が結果が出ていない状況で選手としての気持ちをコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

まず何から取り組むべきかという点を、金澤は説く。「やっぱり練習で取り組んでいることをゲームでやるだけなのかなと。個人個人、思うところややりたいプレーはあると思うんですけど、『チームとしてこうやろう』というのを(伊藤)彰さんは提示してくれているので、まずはそれにチームとして取り組んで、しっかり結果を出して、そのあとにいろいろと自分たちの『こうやりたい』というのをプラスしていくのが、一番良い形なのかなと思います」トレーニングでは攻撃面の継続をしつつ、守備面でのオーガナイズをあらためて組み上げているところ。「あとは本当にいろいろな状況に応じて、どう対処していくのかをもっと詰めていくだけ」と金澤。

– Blogola –

攻撃の継続と守備の向上か〜。それができないからこんな状況になっているわけで…。

 

伊藤サッカーが攻撃重視なら、それはそれでいいと思うんですけどね。どっちつかずになっているのが一番マズイ。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
横浜戦はどうなるかな。
         

10 件のコメント

  • なんか、バラバラになってそうだな。
    こういうコメントが出るってことは、その逆をやってる選手がいるわけだから。

  • この状況下だから試合に出てない慎や播戸等ベテラン選手こそチームメイトをメンタル面で鼓舞して欲しいし、その位の年齢や立場だけど、大人しいから他人事のように感じてしまう。あの頃の主税のような選手がいないのが辛いですね。

  • まず残留したいと本気で感じる姿勢をフィールドでみせなきゃ、それが前提であって、選手達は監督のやり方の疑いや不信感なんか今更見せてる場合じゃないんですけどね。納得しないんであれば早急に話し合いして改善する、残留する事が最優先事項でそうでなきゃ今年は何も形として得られないのですから。

  • 右へ倣えする選手ばかりで何も考えてないのかな。サポの様々な感想を綴る以上にチーム自体が何も思案する事なく淡々と試合してれば先が見えてる気がするけど。

  • ここまで犯してきた「失敗」を繰り返さないこと。
    受け身のサッカー、決定力不足、連続失点。
    これらキーワードを選手一人一人が胸に刻んで、
    トーナメントだと思って戦って欲しい。

  • 今まで何してたの?

    今ごろ詰めてるって遅すぎでしょ。
    それに今いる選手に、戦術云々を考えられそうな選手もいるとは考えにくいし、結局無駄な話し合いをして自己満に浸る民主党のような感じになっているきがする。

  • とりあえず大宮でプレーしているだけで
    降格しようがしまいが
    選手は移籍すればいいだけのこと。
    本気で取り組んでいるやつなんか数人くらいでしょ。
    大宮なんて所詮その程度のチームだから。

  • そもそも練習量が少なすぎないか?
    そりゃ多ければいいってもんじゃないけど、チームから危機感がまったく伝わってこない。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。