筑波大学CBに「堅かった」と言わしめた大宮最終ラインの奮闘

負けることを願うマスコミの圧力に負けず勝利した天皇杯・筑波大学戦。試合後のインタビューで筑波大学CB鈴木大誠選手が大宮の守備について語りました。

以下、抜粋して引用。

内容

「じゃあCBの目から、味方のFW陣は『シュートを打つ時間』を与えられていたと思う?」という質問をぶつけてみた。すると「正直、ほとんどなかったと思います」と即答し、さらにこう続けた。「FW中野(誠也)さんがゴール前でボールを受けたときは、バーに当たるようなシーンが1試合に3回くらいあるけど、今日は体勢を崩されてギリギリでバーに直撃した1本しかなかった。それは相手のCBの上手さの証拠だと思う。バイタルエリアは凄く空いていて、ウチのトップ下の選手なども自由に前を向いてプレーできていたはずなのですが……でも、足を振る時間は与えてもらえなかった、ということです」

– NumberWeb –

押されっぱなしだった後半。それでも塩田を中心に最後のところだけはやらせなかった!

 

塩田も安定感を取り戻し、我々の未来を担う高山越コンビも着実に成長、結果を出した慎太郎に前半違いを見せた黒川ら大いに収穫のある戦いでした。彼らから渡されたバトンをなんとしても繋ぎたいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
磐田戦に抜擢あるかな?
         

11 件のコメント

  • バイタルエリアがすごく空いていたってマズくないですか……

  • 確かに昨日は守備も寄せがしっかりしてカバーリングも良かった。あの位守備がしっかり集中すれば今後もボール支配の安定性も期待できる。大学生相手とはいえ普段からこの位はノルマにしてもらいたいな。あとは遅攻以外のカウンターにもスピード感をもっと求めたいね。

  • 試合前には筑波大生に馬鹿にされてた事を考えると高山は鼻をへし折った形になった訳だね。

  • あの寄せはアマには通用したかもしれませんが、川又やアダイウトンには通用するかは疑問。

    抜擢はないでしょう。

  • そもそもシュート打たせちゃうところに問題あるよね
    J1のストライカーだったら確実に仕留められちゃう

  • 大宮のバイタルがら空きは、今に始まったことじゃないから。4-4-2の時から
    ダブルボランチの一人がサイドに釣られる。もう一人は、なぜか最終ラインへ。
    バイタルがら空き!サイドでボール持ってた相手が自軍へバックパス。
    貰った選手がノープレッシャーでバイタルへ蹴り込む。飛び込んできた相手が
    シュート→ゴール!!!何度見たことか。
    最終ラインで弾き返すのが大宮の守備だから、スペースと人をみていない。

  • 潰し屋の金澤も劣化してるしバイタルエリアを潰せると見込んで獲得したカウエが計算外。そもそもアンカーに大山入れてる時点で伊藤監督もその辺軽視してる感じ。当分このエリアは弱点として狙われそう。

  • 多分にリップサービスかと。
    塩田は一本とんでもないファンブルがありましたよ。
    劣化は否めない。