MF:茨田陽生「伊藤彰監督の戦術の理解を深めるキャンプだった」

MF:茨田陽生が嬬恋キャンプの感想について語りました。

以下、抜粋して引用。

内容

――嬬恋キャンプはハードだった印象だが?
「新加入選手もいる中で、(伊藤)彰さんの戦術に対する理解を深めるキャンプだったというふうに思います。ある程度の土台に関してはみんな理解した上で、プラスαの戦術の理解も深めることになりました。新しい戦術もありましたし、お互いにコミュニケーションを取り合いながら、どこにどう動けばいいとか、基礎的なところはみんなが理解し合いながら、感覚的に理解できるようになってきたなと思います」

――ゲーム形式のトレーニングが多かったが?
「ゲームの中で分かること、理解できること、改善しないといけないことというのが出てくると思います。そのためにゲームを数多くこなしたのだと思います」

– OmiyaVision:無料記事 –

既存の戦術の落とし込みがメインだったようですね〜。出番の少ない選手たちもこのキャンプで、なにかキッカケを掴んだのでしょうか。

 

その他の有料記事では、どうやらマルセロは相当期待できそうな感じです。今日の練習試合が楽しみ!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
ガンバ相手にどこまでできるかな…。
         

2 件のコメント

  • 茨田あたりには、
    もっとリーダーシップを発揮してほしいですよね