第21節:F東京(NACK)中断明け初ホームは早くも正念場。

ダービーの激闘を終えたアルディージャ。本日は休む間もなく中3日でリーグ戦、相手は豪華補強で優勝候補と目されるも後半戦も伸び悩むFC東京であります。

対戦相手:リーグ基本データ

FC東京
監督 篠田善之
直近試合 ●●△△△
勝敗 7勝6分7敗
得点 26
失点 23

開幕前Jナンバーワン補強を行ったものの効果薄。下位には勝てるが上位に歯が立たず中位にとどまる。

対戦相手:主力の移籍情報

IN OUT
MF:リッピ・ヴェローゾ FW:ネイサン・バーンズ
MF:ジャキット FW:阿部拓馬
MF:チャン・ヒョンス FW:河野広貴

層が厚すぎて出番がないFW3名を放出し、よくわからないMFを2名獲得。森重の今季絶望にともないCB、SBをこなせるチャン・ヒョンスを3年ぶりに再獲得した。

直近試合の得失点

J1 第21節 8/5(土) 19:00~

川崎フロンターレ(等々力陸上競技場)

チームスタッツ

練習試合結果

両チームとも中3日でナシ。

予想フォーメーション

FC東京
3-1-4-2
suspend-icon
Medical-icon 森重、平岡
QuestionMark-icon
22playByPlayYellowCard
不動の日本代表CB:森重の今季絶望負傷にともない442から3バックの3142布陣に変更中。前節・引き分けとはいえ、川崎を終了間際まで追い詰めた布陣を崩すとは思えないが、東京中日スポーツによると、FWウタカ→前田、3バック2名変更らしい。

 

大宮アルディージャ
4-1-4-1
suspend-icon
Medical-icon 大輔
QuestionMark-icon
22playByPlayYellowCard 金澤
前日練習の非公開継続のため予測は困難。同じ前節引き分けでもこちらは厳しい内容。連戦のため体の重そうだった河本や江坂を今後を見越して休ませるのも一手だが…前節ベンチスタートの山越、横谷、瀬川、マテウスあたりの先発もあり。(追記)埼玉新聞は右SHマテウス、アンカー大山、マルセロ二列目中央

見どころ

6試合勝利こそないものの、前節・川崎相手にあれだけのサッカーができるF東京。中盤の米本・高萩・橋本の猛プレスをかわすのは今の大宮には至難の業。足りない決定力である大久保も復帰、浦和戦同様とんでもなく厳しい戦いとなるでしょう。

 

浦和戦はかなり厳しい試合内容。なにか変化がほしいが中3日では何もできない。はたして伊藤監督はどんな手を打つのでしょうか。

         

7 件のコメント

  • 毎年思うが、ただでさえきつい連戦を暑い7,8月にぶつけないようにできないのか。連戦にするなら10月とかにすればいいのに。
    夏休みってのもあるんだろうけど。

  • 相手がどこであれ勝たないと残留は見えてこない。
    前節の甲府がG大阪に勝ったのが良い例。
    決定機を確実に決めて、無駄ファールを無くして、
    最後まで集中を切らさずに、諦めずに、全員が戦うことが全てだと思う。

    • >最後まで集中を切らさずに、諦めずに、全員が戦うことが全てだと思う。
      自分も心の気持ちってのは大事だと思いますが、やはり精神論では勝つのは難しいでしょう。
      やはりチーム改革をするべきだと思います。
      今の大宮はディフェンスはとても弱い。
      堅守速攻の持ち味を全く出せていない。

  • 大宮が今からトップ5位内を目指す方法

    ステップ1. 大前を放出。播戸などの試合にあまり出ていない他のFWも放出。更にGK・DFを多数放出し一新する。放出資金でコストパフォーマンスの良いGK・DFを補強し、ディフェンスを鉄壁のものとする。

    ステップ2. フォーメーションの改革。
    江坂・マルセロを2トップ、カウエを司令塔、瀬川・長谷川を両サイド、ボランチを茨田にする。GKとDFは河本とマテウスだけ残して一新。

    ここまでやらないとダメだよ大宮は。
    そこまでひどい状態だ。
    もっと実戦向けのチームに進化したほうがいいよ。
    戦いはただ優秀なプレイヤーを入れればいいというものではありません。
    野球でも全く同じことで、優秀な選手や4番打者ばかり入れても勝つことはできません。
    大前を補強しても結局このザマだ。

    大宮のサポーターのみなさんさ、子供みたいに人の意見をディスってばっかいないでもっと冷静になろうよ?
    大人だろ。