沼田圭悟「ランニングで人のためにスペースを空けて点に絡みたい」

numa

リーグ札幌戦の途中出場では不完全燃焼に終わったMF:沼田圭悟。先発が予想される明後日の天皇杯:愛媛戦で自身が見せたいプレーについて語りました。

以下、抜粋して引用。

内容

――天皇杯・愛媛戦ではまた違うメンバーでの戦いが予想されるが?
「(黒川)淳史とか(清水)慎太郎とはすごくやりやすいですし、関係性も良いので、うまくできると思いますし、問題はないと思います。淳史はボールを持ってから出せるタイプなので、俺が裏で前を向いてもらえるシーンは増えると思いますし、慎太郎とワンツーしたりとか、アイツはストライカー的な動きができるので、その部分でクロスはしっかり出していきたいと思います」

――伊藤監督のサッカーの中で出していきたい特長は?
「ランニングの部分で、人のためにスペースを空ける、犠牲になるランニングが必要だと思います。そういうところは起こしていけると自分では思っているので、そういうプレーをやりつつ、自分でも行けるところは行って、ゴールにつながるプレーをしたいと思っています。前で出ている以上は、貪欲に点に絡んでいかないと外されたりしてしまう。個人の結果だけじゃないですし、チームの結果が一番大事ですけど、その中で何ができるかを考えながらやっていきたいと思います」

– OmiyaVision:無料記事 –

やはり沼田のようなタイプは先発で出てナンボの選手。90分間ひたすら走りまくって、味方のためのスペースを広げて欲しいものですな〜。

 

なにげに先発についても語る沼田。先発に沼田、黒川、慎太郎ってことはネイツは帯同しないなコリャ。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
汚名返上頼むぞ〜。
numa
         

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。