DF:河本裕之が監督交代後の新システムについて語る

koumo

DF:河本裕之が伊藤新体制で変わったところを守備陣の視点からコメントしました。

以下、抜粋して引用。

内容

――センターバックのビルドアップが重要になる印象だが?

「何個かパスコースも出てくるようになりましたし、うまく判断しながらやっていけたらいいかなと思っています。攻撃のときに良くなっている部分が多くて、距離感を意識しているぶん、そのままの距離感で守備にも行けている。攻守において良くはなっていると思います」

――守備面から見るとどういう感覚がある?

「守備の面でも行き方を統一しながらやれてきている。まだまだ完璧ではないですけど、追い込み方はしっかり考えてやれているので、後ろとしても行きやすいですね」

――新潟戦の後半のように押し込まれたときの対策は?

「バラバラにならないというか、変にバランスを崩さないという感じですね。ダメならラインを引いて、という感じでやっていました。状況を考えながらある程度はできているかなと思いますけど、つなぎの部分でもう1回押し返すことができなかったことは課題かなと思います」

– OmiyaVision:無料記事 –

やはり後ろからの繋ぎに関しては大分改善されてきたみたいですねー。
しかし押し込まれたときに押し返すだけの力はまだないのが改善点と選手は分かっているようです。
この辺りは渋谷体制時からの課題。マルセロ待ちになるのかな…

管理人のひとこと

所沢栗鼠
広島戦をどう戦うのかなー。
koumo
         

2 件のコメント

  • 渋谷監督だろうが伊藤監督だろうが選手がフィールドで体現できれば問題ないと思う。しっかり鍛えてやればいい。アルディージャの選手自分に甘い気がする。何でもかんでも指揮官にたよるなよ。サッカーはイマジネーションが必要、フィニッシュは選手だよ。

  • ダイレクトでパス回しが出来てるときはいいけど、出来なくなったときは前線でのキープ、タメってヤツが課題ですよね。