伊藤彰監督「チャンスは与えたい、競争のためにアピールしてほしい」

明日の天皇杯2回戦:tonan前橋戦を前に伊藤彰監督が起用法や対策をコメントしました。

以下、抜粋して引用。

内容

伊藤監督は「正直、相手がどういうサッカーをしてくるか分かっていない」としながらも「隙を見せず、自分たちのやるべきことを見失わずに90分で決着をつけたい」と意欲を見せた。(中略)tonan前橋との天皇杯では、リーグ戦で出場機会がなかった若手も起用していくという。伊藤監督は「出ていない選手も含めてチャンスは与えたい。チーム内競争を促すためにもアピールしてほしい」と奮起を期待していた。

– 日刊スポーツ –

監督就任後の初戦:YLC磐田戦→2つ目リーグ鳥栖戦をほぼ固定したように、本当は1試合でも多く主力メンバーの連携を深めたいハズ。しかし、明日の予報は豪雨で中3日でアウェイ広島戦を控えていることを考えると、残念ながら主力は休ませるしかない。

 

非公開のため誰が出るか全く分かりませんが、「チャンスを与える」との言葉を信じれば、怪我以外でベンチにも入らない選手はチャンスを与えることができない選手=構想外と見てよさそう。夏の移籍ウインドー前にある程度、予測ができるかもしれません。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
どんなメンバーが起用されるかな。
         

1 個のコメント