ビルドアップ向上のためにDF:山越康平が心がけていること

伊藤新体制以降、リーグ戦の先発を2試合続けて外れたDF:山越康平が自身に足りないビルドアップについてコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

――ビルドアップ向上のために意識していることは?
「大きく言うとファーストタッチです。そこが一番大事ですけど、あとは動き直しだったり、素早くポジショニングを取るとか、技術じゃなくてポジショニングで相手を外せるようにすることが大事だと思うので、意識しながらやりたいと思います」

――工夫で変えられる部分もある?
「技術は一歩ずつ地道にやっていくしかないですけど、ポジショニングは意識すればだんだん出るようになってくる。そういうところからしっかり取り組んでいきたいと思います」

– OmiyaVision:無料記事

高山より高さはあるものの、戦術理解度やビルドアップなどでやや遅れを取る山越。

菊地が抜けている間にポジションを確かなものにしたかったが、今は新監督の求めるスキルを身につける時なのでしょう。今週の天皇杯2回戦は先発が濃厚。1点も与えない守備を魅せてほしいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
頼むぞ!
         

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。