MF:岩上祐三が新たなポジション右SHでの狙いについて語る

監督交代後、ボランチではなく右SHでの出場が多くなったMF:岩上祐三。新潟戦勝利後に、現在のポジションでプレーしている狙いについてコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

Q:左は大前(元紀)選手が中に入ってきていましたが、右は岩上選手が外に張ることが多くて、あのポジショニングは相手も嫌がっていたように見えました。あれは意識してやっていた感じですか?

A:そうですね。ホニが結構前掛かりで守備しないというのもありましたし。でも、後半はホニが(渡部)大輔の所にマンツーマン気味で来たので、そこでちょっとうまく行き切れなかったというところもありますし、ホニとサイドバックの堀米(悠人)が結構攻撃の起点になってくるというのがあって、そこはなかなか出させないようにしようというのは心掛けてポジショニングを取っていたので、それはまあまあある程度できたんじゃないかなと思いますけど、1本ホニにやられたので、そこが改善する所ですね。

Q:結構ボールが入ったらクロスを最優先に考えている印象もありましたが。

A:それはもちろん(江坂)任もいますし、元紀も入ってきてくれますし、それをやることによって相手は戻らなくてはいけないというのがあるので、最初から裏って決め付けちゃうと相手も楽だと思いますし、まず中を見て、無理だったらまたチェンジ、チェンジでやっていくのが彰さんのサッカーなので、そういうのは心掛けてやっていますね。

– JSPORTS –

ボランチのときとは違い、ポジショニングを変えないようにするなどイロイロと考えているんですねぇ〜。でも右SBの大輔がホニ選手に抑え込まれた後半は連携が取れなかったため要修正ですな。

 

そして江坂と大前の決定力を生かすための外からのクロス狙い。ロングスロー、CK、FKと高精度のボールをゴール前に供給できる岩上の存在は相手にとってまさに脅威。今後も彼を起点としたゴールが多くみれること期待したいですね。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
広島戦も頼むぞ!
         

4 件のコメント

  • 岩上のやる気満々のプレーぶりはいまのチームに必要ですよね。
    やはりサイドバックの和田と大輔は、体が小さく、背が低いので、狙われやすいですね。
    山崎の失点も和田がシュートブロックで体に当てられなかったし。。
    河面と奥井も起用してもらいたいものですね。

  • 岩上の運動量が全員に求められるのが、アキラ監督のサッカー。
    トレーニングあるのみ❗