1列上がったMF:茨田陽生「ゴールに向かう姿勢をもっと見せる」

伊藤新体制によりボランチからインサイドハーフへとポジションを1列上げたMF:茨田陽生。新たなポジションに懸ける想いをコメント。

以下、抜粋して引用。

内容

――インサイドハーフへとポジションを1列上げました。
 
 自由が利くというか、よりゴール前に入っていけますし、後ろに下がってゲームをコントロールすることもできるポジションです。感覚的なプレーもより必要になる気がしています。恐れずに自分が主導権を握って戦いたいです。
 
――得点やアシストなどの数字も求められる場所です。
 
 ラストパスの質は今以上に求められるでしょう。アシストだけでなく、得点も奪えなければ相手の脅威にはなりませんから、ゴールに向かう姿勢をもっと見せられたらと思っています。

– サッカーダイジェストWeb –

1列前ということで守備よりも攻撃に基本専念できる、流動的に後ろに下がることでゲームメイクもできるということで、今まで以上に彼のプレーがカギを握ることになりそうな予感。

 

前目のポジションということでゴールも求められる。浦和戦のようなゴールを期待したいですね!

管理人のひとこと

所沢栗鼠
暴れまわれ茨田!
         

1 個のコメント

  • 適材適所。アキラ監督の眼力を信じるのみ。
    シュート力は磨いてほしいよ❗