瀬川祐輔「攻守の切り替えとハードワークは練習から求められる」

伊藤彰体制へと交代したアルディージャ。伊藤監督のサッカーについてMF:瀬川祐輔がコメントしていました。

以下、抜粋して引用。

内容

FWでもサイドアタッカーでもプレーできる瀬川祐輔は、「僕のプレースタイルは、バルサよりアトレティコ・マドリーっぽいんですが……」と遠慮がちな笑みを浮かべる。攻撃に推進力をもたらすこの23歳も、新監督のサッカーに意欲的に取り組んでいる。「攻守の切り替えとハードワークは練習から求められていて、監督のやりたいサッカーがすんなりと入ってくる印象です。誰かのためにスペースを作る、誰かが作ったスペースを使うといったように、周りと連動したプレーがいまの自分には足りないと思っていて、そういう部分を要求されるのですごくタメになるし、2つ先、3つ先の局面を考えさせられるので、やり甲斐がありますね」

– NumberWeb –

抜群のスタミナとスピードを持つ瀬川。そんな彼が周りを使うようになれば大宮の攻撃力は格段に上がるでしょう。

ポジションのライバルとなる黒川、江坂、マテウスらと競って伸びてほしいものです。

管理人のひとこと

所沢栗鼠
新潟戦も期待!
         

3 件のコメント

  • 今までの練習が緩かっただけだよ。どの世界でも鍛えないとレベルアップはできない。私の仕事もそうよです。

  • でも計算するとJ2だと思うから。来年に向けて頑張って欲しい。やっぱり遅かった。

  • バルサよりアトレチコ。
    今の大宮には丁度いいコンセプトかも。